PIPPOはハンディキャップのある方々が携わっている
商品に特化したショッピングモールです。

カテゴリー

  
 

トップ > ショップ > ひのき工房

Shop List
お店一覧

ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://prana-s.org

商品掲載準備中

プラーナ新宿は、東京都より指定を受けた指定障がい福祉サービス事業所です。
1人1人の思いを大切に、未来への夢や希望を持つことの出来る場所を提供しています。
ガラス製品・羊毛製品・サンドブラスト製品・ボディーシールコップ、グラス、アクセサリーなどを制作しています。
オーダーメイドも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
ペットそっくりの羊毛フェルトマスコット作成やサンドブラストによるオリジナルグラス作成などができます。

事業所でも販売をしています!お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

プラーナ新宿

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-23 SVAX新宿ビルB館2F・8F
TEL
03-6273-2633
FAX
03-6273-2956
メール
info@prana-s.org
時間
平日10:00〜16:00
SNS
facebook
twitter: @prana_shinjuku
ひのき工房

ひのき工房

法人ホームページ:http://www.collaboedogawa.net/guide/work.html

商品掲載準備中

江戸川区にある就労継続支援B型事業所です。
foglio rossoとレザークラフトブランドを運営しています。 高品質の欧州産レザーを使用し、高級感のある商品を制作。
デザイン性、機能性を重視したモノづくりで、革好きのお客様にご評価いただいております。
カードケースやポーチなどの小物類から個性的な文房具やトートバックなど様々な種類の製品を制作しています。
お客様のニーズを取り入れ、長く愛用してもらえるような製品を作り続けます。 現在は作り手が負担にならない範囲で制作に取り組んでいるため、受注販売のみ承っております。お客様にはご迷惑を おかけしますが、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

WORK HANAKIRIN

住所
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西6-10-7 江戸川ビル1F
TEL
03-6808-1670
FAX
03-6808-1675
メール
work-hanakirin@collaboedogawa.net
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

アトリエほっと・しかはまの「ほっと」は「ほっとして次に進める場に」という思いが込められています。
クラフトバンドで作成したキーホルダーやコースターなどの雑貨や折り紙アクセサリーを制作しています。
かわいらしい商品が多く、地域のお子様たちに大人気の商品がたくさんあります。
「ほっと」した気持ちになれる商品を取り揃えておりますので、ぜひご利用ください!
作業所でも販売しておりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

アトリエ ほっと・しかはま

住所
〒123-0864 東京都足立区鹿浜7-23-13 1階
TEL
03-3855-6135
FAX
03-3855-6153
メール
atorie@ashinami.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

商品掲載準備中

レインボーハウス(第二悠遊舎えどがわ)は、主に精神の障害を抱えた方たちが、各々の特技を活かして軽作業に参加をしている、NPO法人えどがわ悠人会が運営する就労継続支援B型事業所です。
内職作業だけではなく、ご寄付頂いた着物を使って、機織りや和雑貨を作成・販売をしています。

自分たちの「欲しい」からお客様の「欲しい」へ。
そして「一日でも長く、多く使って頂ける商品」を目指して。

これらをモットーに、ひとつひとつ丁寧に作成しております。
コースター・キーホルダー・ポーチ・ブックカバーなど多数の商品を展開しております。
江戸川区平井の施設では、店頭での販売も行っております。 どうぞ、よろしくお願い致します。

Rainbow house

住所
〒132-0035 東京都江戸川区平井1-6-10 チェルシー泉1階
FAX
03-5628-2707
メール
u2edogawa@ybb.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:https://www.five-breads.com

商品掲載準備中

地域に根差したコミュニティーカフェの運営しています。
障がい者、高齢者、主婦、子供など地域の人たちが集まるコミュニティーカフェを運営しています。
地域には、福祉制度と一般社会の間にあって生きづらさを抱えている人たちがいます。
福祉制度を越えてそんな人たちの集える場としていのちの木があります。
いのちの木は、弱さを担った人たちが喜びをもって生きていくことが、社会をより豊かにすると考えています。
「働く場」を作ります。
いのちの木は、障害があったり、福祉制度と一般社会の間にあって生きづらさを抱えていたりする人たちの「働く場」を作ります。
いのちの木には、カフェの運営、ハンドメイド作家など各々の持つ特性を生かして働く仲間がいます。
また、同じ障害を体験した「ビア(仲間)」がより重い障害の方を支える「ビアヘルパー」、訪問介護事業も行っています。
カフェのこだわり
こだわりのハンドドリップコーヒーや紅茶、おいしいケーキなどをご用意しております。
展示されている作家さんの作品や布小物、編み物サークルでの作品などを見ながらゆっくりおくつろぎください。
作品の購入もできます。
編み物サークル、布小物・ミシンワークショップ、本づくり学校も開催しています。

■編み物サークル
シニアの女性が参加し、趣味や興味が磨き直されて発展しています。
仲間と楽しみながら、新たな商品づくりができ、ショップでお客様にも買っていただくことで、生きがいづくり、役割づくりに繋がっています。
最近では若い方も参加され、多世代での交流が始まっています。

■布小物・ミシンワークショップ
布小物づくりやミシンを使用したワークショップを行っています。
縫い物に習熟したスタッフが、高齢の方々の生きがいづくり、若いママさんたちの手作りのお手伝いをしています。

■本づくり学校
手製本の美篶堂(みすずどう)、活版印刷の嘉瑞工房(かずいこうぼう)、クルミド出版といのちの木の共同事業です。
技術継承、市場の創造、雇用の拡大(長期離職者の就業)を目指します。

いのちの木 The tree of life

住所
〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-32-21 アルス仲町台せせらぎ公園壱番館102号室
TEL
045-945-2223
FAX
045-947-1779
メール
tree-of-life@mbr.nifty.com
時間
平日10:30〜17:00(土日祝日休み)
横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅より徒歩2分
SNS
facebook
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://onsunday.hollyheal.com/

綺麗な色と、毎日を。
使い方を工夫して、ちょっぴり新しいアクセサリー『アミート・ブーケ』とおでかけしよう。

Surround life with beautiful colours. Create a new style, enjoy dressing up with our beautiful accessory “Amiito Bouquet”.

「アミート・ブーケ(=編み糸ブーケ)」

Holly heal on Sundayは、クラウドファンディングによってサポートされたブランドです。
京都の糸屋さんから手に入れたこだわりの糸を使って、きれいなアクセサリーが出来ました。髪飾りだけでなくコサージュにしたりバッグチャームにしたり、男性のポケットチーフにも出来たりと楽しみ方色々です。ひと粒ついたお守りの天然石は水晶、あなたの笑顔をサポートします。

就労継続支援施設と共同制作
就労継続支援施設と共同制作

制作は、就労継続支援施設と共に行っています。「アミート・ブーケ」を作ってくれているのは障がい者就労継続支援施設の方や就労困難者の方です。彼女達の類稀なる集中力は、良い作品作りに欠かせない要素です。内職相場4倍の賃金で働いていただいています。手仕事として「良いもの」を作りたかったから選んだ、大切な協業相手です。

ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://ashitaba.or.jp/

作業所のさきがけ
あしたば作業所は、脳血管障害の後遺症をもつ人達の労働とリハビリの場所として1983(昭和58)年に開所しました。
中途障害者の作業所としては、6000カ所以上ある作業所の中でも全国に先駆けたスタートでした。
様々な困難や不自由を抱えた方々のために
脳血管障害は後遺症としての片マヒと失語症等の障害が残り、非常に身近な病気でありながら、その実態のコミュニケーション障害についてはあまり知られていません。
より多くの人にこの障害についての正しい知識と理解を深めてもらうために物を作ることを通じて活動を展開しています。
2001年には、社会福祉法人桂会として認可されました。それ以後、障害種別を問わない利用が可能になりました。
木工製品の制作を通して社会参加と自立支援
オリジナルの木製パズルや組木、木のおもちゃを製造販売しています。
物を作ることを通して、社会参加と自立の支援を行っています。
プレゼントやインテリアに最適
あしたば作業所の製品は ご自宅のインテリアに、またプレゼントにも最適です。
子供から大人まで楽しめる手作り製品がそろっています。
トールペイント用白木のカット他、様々なご注文、ご要望もお気軽にご相談ください。

あしたば作業所

住所
〒187-0011 東京都小平市鈴木町2-187-3
TEL
042-467-8071
FAX
042-467-8112
メール
ashitaba@mse.biglobe.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜15:00
販売店
多摩動物公園
(有)三澤屋もっこ館
KURUMIRU(東京都福祉保健局)
ウェルフェアキッチン ろてぃ
東京薬用植物園 ふれあいガーデン草星舎
中沢ヴィレッジ
デナリコーヒー
日光花いちもんめ
ひのき工房

ひのき工房

「@かたつむり」は岩手県大船渡市にある障がい者福祉作業所です。
非営利型一般社団法人かたつむり @かたつむりは、2001年、障がい児の親達が育児の情報交換、学校の休日の子ども居場所・活動づくり、作業体験を通した子ども達の興味や能力開発、就労指向の確認などを目的とした作業所から始まりました。
革細工工芸品製作、農作業、資源回収や料理教室等を行い、行政の成人式に参加しにくい子供たちのために、「成人を祝う会」を開催しました。
東日本大震災の津波により作業所が流失
2011年に発生した東日本大震災の津波により作業所が流失。
しかし、「夢をかなえるファンド」プロジェクトにより、2018年、かたつむりが津波のこない安全な場所で新たにスタートをきりました。
東日本大震災の実体験を活かして製品作り
東日本大震災の経験から、小さくて、軽く、手軽に買える災害備蓄品「もしもの備え」を開発しました。
地元の素材を使っています
すべての製品は、東北、岩手で生産されている原料を使って作っています。
東北・岩手の味を、是非お楽しみください!

非営利型一般社団法人かたつむり @かたつむり

住所
〒022-0004 岩手県大船渡市猪川町中井沢97-1
TEL
0192-26-2134
FAX
0192-26-2134
メール
office@katatumuri.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
販売店
「もしもの備え」ネット通販ページ
岩手県社会福祉協議会 いわての障がい者施設製品セレクトショップ
いわて銀河プラザ
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:https://izumikai.jp/izuminoie

“一人ひとりを大切に
「うれしい」と「たのしい」が見つかる場所”

三障がいの種別なく受け入れる施設
三障がい(身体障がい、精神障がい、知的障がい)を種別なく受入れを行い、生活介護、就労移行支援、就労継続支援事業B型などの事業を世田谷区在住の方々に提供しています。
地域貢献に力をいれています
泉の家は、世田谷区の閑静な住宅街の中にあります。住宅街の中にあるからこそ、地域の多くの方々に、ご理解やご支援をいただけるように、情報発信や施設の開放を積極的に行っています。
地域の憩いの場『Pause Cafe(プース・カフェ)』
泉の家は、カフェを運営しています。リーズナブルで美味しいお食事やスイーツが地域の方に親しまれています。
季節ごとにおすすめのメニューを作り、お客様に「うれしい」「たのしい」と思っていただけるように従業員一同、頑張っています。
『わんちゃんのためのCookie』だけじゃない!
ご近所のわんちゃんに大人気!お取り寄せもしてくれるわんちゃんもいる泉の家の『わんちゃんのためのCookie』ですが、これだけじゃないんです。
カラフルで個性的なデザインのバースデーカードやポチ袋も販売しています。『わんちゃんのためのCookie』をご購入いただいた方にはポチ袋をプレゼントしています。この機会に是非、お手に取っていただけたら嬉しいです。

泉の家

住所
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-23
TEL
03-3417-3451
FAX
03-3417-3463
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://applause-aoyama.com/

ネットショップ:https://bistarai-bistarai.stores.jp/

商品掲載準備中

「花を通じた心豊かな出会いが、この世界を結びますように。」

店舗を持たないフラワーショップ「BISTARAI BISTARAI」
「BISTARAI BISTARAI(ビスターレ・ビスターレ)」はアプローズ南青山(就労継続支援B型事業所)が運営するアトリエスタイルのフラーワーショップです。
店舗は持たずにオーダーメイド制作や通信販売、イベント販売をしています。
企業・法人様へは店舗のディスプレイ用のフラワーアレンジメント・ブーケ等の制作をしています。
個人のお客様には、オーダーメイドの生花やプリザーブドフラワーを使った商品を提供しています。
BISTARAI(ビスターレ)とは、“ゆっくり、ゆっくり”という意味のネパール語
こころやからだに障害のあるアーティストたちが”ゆっくり”と丁寧に完成させる作品に期待と祈りを込めアトリエの名前を“ビスターレ・ビスターレ”と名付けました。
贈る方や贈られる方の想いにまで心を寄せてひとつひとつ丁寧に制作しています。
「ウェルフェアトレード」を提唱する日本初のフラワーショップ
「BISTARAI BISTARAI(ビスターレ・ビスターレ)」は2014年4月、東京・南青山に花を通じた「ウェルフェアトレード」を提唱する日本初のフラワーショップとして、オープンしました。
「ウェルフェアートレード」とは、“Welfare=社会貢献”と“Fair trade=公正な取引”を掛け合わせた造語で、社会的弱者と言われている人たちの作る製品などを適正価格で購入することによる社会的支援活動のことです。
「花を通じた心豊かな出会いが、この世界を結びますように。」
私たちの製品は贈って楽しく、もらって嬉しく、誰もが笑顔になるhappyなギフトです。
アーティストたちの作品がお客様のもとに届くとき、彼らの日常も輝きます。
アーティストたちが心をこめて作った作品を通して、たくさんの人が笑顔になり、世界にhappyが広がりますように!

BISTARAI BISTARAI

住所
〒107-0062 東京都 港区南青山4-3-24 青山NKビル2F
TEL
03-6804-3623
FAX
03-6804-3562
メール
info@applause-aoyama.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
SNS
facebook
Instagram
Twitter
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://www.kibounoie.net/

商品掲載準備中



手作りお菓子のお店 Nico 元明館(就労継続支援B型事業所)

住所
133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2丁目34番6号 第6ストークマンション102号室
TEL
03-3678-1814
FAX
03-3678-1814
メール
genmeikan@mx10.ttcn.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:https://www.resist-yamato.com/

商品掲載準備中



一般社団法人レジスト Reactant(リアクタント)

住所
神奈川県大和市中央林間8丁目17番3号ベルウッド中央林間1階
TEL
046-275-9655
FAX
046-275-9655
メール
reactant@resist-yamato.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
SNS
facebook
Instagram
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://www.ikuseikai-tky.or.jp/~iku-nishimizumoto/index.html

お知らせ
施設の農園でハーブを生産できなくなったため、現在他のハーブを使用しております。 また、商品ページを改訂しております。改定中の商品のご注文をご希望の際は、お手数をおかけしますが、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

「自立と支えあいを目指して〜こだわりお菓子と無農薬ハーブ園〜
西水元福祉館は葛飾区の静かな住宅街の中にあります。施設の隣にあるハーブ園でハーブをたくさん栽培しています。 日々の手入れやハーブ摘みは、施設のみんなで行っています。水をやった後や風が通った後にふわっとハーブ香りが広がって、 前を通るだけでも癒されてしまう住宅街のオアシスです。

楽しく作るからこそ美味しいお菓子ができる
丹精込めて育てた新鮮なハーブをお菓子やハーブティーにしています。 「今日は何を作ろうか?」とみんなで話し合ってクッキー、ガレット、ドーナッツなどいろいろな種類のお菓子を毎日作ります。 調理室は明るくいつも笑い声に溢れています。きっちり仕事をこなすことはもちろんですが、みんなが楽しく作るからこそ美味し いお菓子ができます。ハーブティー作りを極めたプロもいます。集中している様子がとても頼もしいです!

熨斗はすべて手描きです!
ギフトにつく熨斗は、油性ペンですべて手描き。下描きは一切しません。見本もありません。書き手の感性にまかせた絵です。 お菓子作りの合間にコツコツ書き溜めています。描く人の個性が発揮されて、カラフルでポップ!見ているだけで楽しい! この熨斗をつけてギフトを贈るととても喜んでもらえる!と好評です。「もったいなくて熨斗が捨てられない〜!」というお声もいただきます。

季節限定のお菓子が大人気!
夏季限定の焼きチョコガレット、ハロウィーン限定のパープルのメレンゲなどなど季節限定のお菓子が地元では大人気! 売り切れてしまい生産が追いつかないこともあるくらい・・・ご予約も承ります!

東京都手をつなぐ育成会 西水元福祉館

住所
東京都葛飾区西水元3-11-1
TEL
03-5660-2101
FAX
03-5660-2488
メール
mizumoto@ikuseikai-tky.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ひのき工房

ひのき工房

叶わない夢はない・叶えたい夢がある・・・夢は叶う!!
働く意欲があるならば障がい者ではない 誠実な作業者「ピュアワーカー」
限りない特性や能力、類まれなる才能持つ「ピュアワーカー」
障がいを持っていることは時に「異質」で「不思議な存在」としてみられることがあります。しかし、障がい者とされる彼らが物事や作業にひたむきに、ある時は執拗にこだわる姿は、私たちのコーヒー作りには欠かせません。叶夢では、働く意欲があるならば、障がい者ではないと考えます。私たちは彼らを誠実な作業者「ピュアワーカー」と呼んでいます。限りない特性や能力、類まれなる才能持つ「ピュアワーカー」がいるからこそ、叶夢の美味しいコーヒーの品質が維持されています。「ピュアワーカー」の誠実さ、真面目さが品質を維持するうえでとても大切なのです。

障がいを持つ子供たちや元気な高齢者が働ける場所「叶夢」
障がいを持つ子供の家族が悩み苦しむことのないコミュニティ。障がいに対して理解や協力が自然に行われる社会との場所。これらを一つ一つ未来に繋いでいけば、生きがいを持って過ごせる社会になるのではないでしょうか。自分の家族を思うように仲間や地域の人たちと一緒に未来を創造し、理想の社会を実現していくのが「叶夢」です。

スペシャリティの中の「スペシャル」を提供します
コーヒー豆の中でも品質が高い高級豆を欠点豆を100%除くことで高級豆の中でも「スペシャル」な最上級コーヒー豆を提供しています。ピュアワーカーの丁寧な仕事とコーヒーインストラクターによる指導、カップテスト、テイスティングを行うことで、安定した高品質なコーヒーをお客様にお届けしています。

「叶夢」のコーヒーだから飲める!
叶夢のコーヒーは全く雑味がありません。コーヒーが苦手な方でも「おいしい!」と飲んでいただいています。その理由は、雑味の原因となる生豆のカビや虫くいをすべて取り除いているから。一粒、一粒、丹精込めているからこそ実現できる味わいです。
個人のお客様から企業、プロの方まで幅広い方々にご利用いただいています.

叶夢は販売だけでなくカフェも運営しています!
営業時間は10:30~16:00。ご近所のコーヒー好きのオアシスになっています。コーヒーの販売は、ギフト包装にも対応しているので、御歳暮や贈答品にも喜ばれます。小ロットからOEM商品も作ることができるので、企業様の好みに合わせたブレンドをお作りすることも可能です。

就労継続支援B型事業所叶夢(かなん)

住所
〒125-0035東京都葛飾区南水元2-23-20RS南水元1階
TEL
070-5575-2815
FAX
03-6369-4758
メール
futurediary.coltd@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
SNS
facebook
Instagram
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://tefuku.or.jp/

素材にこだわったハンドメイドアクセサリーをお届けします
あとりえ花しょうぶは葛飾区の青戸しょうぶ(B型就労継続支援)が作ったアクセサリーブランドです。施設では、毎日、毎日たくさんの軽作業を行わなければなりません。正直言って、とても忙しい!忙しい時間の中からアクセサリーを作る時間を捻出して、制作に励んでいます。下町、東京都葛飾区からハンドメイドアクセサリーをお届けします!

希少価値の高い素材を使って、1点ものをつくる
私たちは、同じものをたくさん作ることはできません。材料を選ぶ時は、たくさん売っている安いものではなくて、天然の素材や生産量が少なく価値が高いものを使っています。希少な材料を使うからこそ、素材の個性が生きてきたり、デザインのオリジナリティが発揮されると考えています。

作っているのは女性はもちろん・・・実は男性も!
「アクセサリーを作る」「キラキラしているビーズ」というと身に着ける人に女性が多いからか、作り手も女性なのでは?と思いがち。私たちの作り手は、実は男性も作っています。ビーズは感性で作品を作り上げていくところもありますが、レシピをみて順番を守って正確に糸に通していくことも大切。そして、ビーズが小さければ小さいほど、集中力と根気が必要です。その作業が得意な人が、わたしたちのところではやや男性が多いです。

地域の人に愛されるアトリエ花しょうぶが全国に届きますように!
これまでは葛飾区内での販売しかしていませんでした。生産量も少なく、区外に販売に行くには人手も必要です。職員と作り手が一緒に販売に行ける機会が作れないのが現状でした。ピッポでネット販売をすることを通して全国の方々に私たちのことをもっと知っていただき、製品を手に取っていただけたらと嬉しいです!

安心して楽しい毎日が送れるように
あとりえ花しょうぶで活躍する人たちが住み慣れた地域の中で安心して生活していけるよう、サポートするとともに、日々を楽しく通所していただける施設を目指していきます。

アトリエ花しょうぶ (青戸しょうぶ B型就労継続支援)

住所
〒125-0062 東京都葛飾区青戸5-20-6
メール
商品に関するお問い合わせはPIPPOまでご連絡ください。
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ひのき工房

ひのき工房

『LINK』
あなたとだれかがリンクする
想いと想いがリンクする
わたしとわたしがリンクする

色、素材、柄、形、デザインを通して、クリエイティブを通して社会に心の豊かさを

テキスタイルブランド SENIMO
SENIMO(セニモ)は、デザイナー西村直樹が手掛けるテキスタイルブランドです。
西村は、美大卒業後、織物会社でデザイナーをしていました。ある時、体調を崩し、一年間ひきこもり状態になりました。
統合失調症を発症していたのです。
自宅静養の末、ボランティアでのデザイン提供や、自身のオリジナル生地の開発で社会復帰しました。以来、活動の屋号をSENIMO(セニモ)として、生地のデザインや開発をしています。

色、素材、柄、形、デザインを通して、クリエイティブを通して社会に心の豊かさを
色、素材、柄、形、デザインを通して、クリエイティブを通して社会に心の豊かさを

柔らかく、しなやかな生地
セニモの生地はデザインだけでなく「素材」や「織り方」にもこだわっています。
綿100パーセントの双糸(そうし)をジャガード織にした生地は肌触りよく、しなやかで丈夫です。縦糸を白、横糸をブルーやグリーンの色糸を入れて織るたった2色の方法ですが、組織の変化を組み合わせており、色の濃淡や奥行き、光沢感のある生地を作ることができます。デザインは、「AIR PLANE」「アルファベット」「葉っぱ」の3種類。
カラーは、グリーン・ブルー・バーミリオン・ブラウンの4色の展開です。SENIMOの商品はオリジナルテキスタイルを元に始まっています。

セニモの生地でハンドメイド
セニモの生地を使ってハンドメイド作品を作ってみませんか?
綿100%の生地は、バック、ポーチ、ぬいぐるみはもちろん、ワンピースやパジャマ、シャツなどの作るのにも適しています。
セニモは使う人が笑顔になる、優しい気持ちになれるような生地作りをつづけていきます。

セニモの生地でハンドメイド
セニモの生地でハンドメイド

セニモオリジナル商品
セニモの生地を使って商品を制作販売しています。ハンドメイドが苦手な方、時間がなくてなかなか裁縫ができない方へもセニモの生地を使った商品を使っていただきたくて、バックやブックカバーを作りました。
ハンドメイドのご参考にもしていただけます。
セニモのオリジナル商品は障がい者福祉施設やハンディキャップのある作り手も製作に参加しています。


SENIMO(セニモ)〜仲間〜
SENIMOは「仲間」という意味の造語です。SENIMOのロゴは、小さなころよく遊んだ川、秘密基地、バーベキューをした河原、思い出の詰まった地元の風景からインスピレーションを受けてデザインしました。
カラフルなロゴは、「みんな違ってみんないい」という思いが込められています。
蛇は「アイデアを発見する」という意味です。草むらからにょきっと顔を出しているヘビは、SNEIMOのクリエイティビティのアイコンで、思いもかけないアイデアや人との出会いを表しています。 Eの芽は、「発芽」を意味しています。芽を出し成長する若葉のように、大きく成長するという決意と願いを込めました。

SENIMO(セニモ)〜仲間〜

SENIMO(セニモ)

住所
埼玉県飯能市平戸233番地
TEL
090-7828-3047
メール
senimotextile@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
※SENIMOの商品はPIPPOが発送をしております。商品に関するお問い合わせはPIPPOまでご連絡ください。
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://resistnpo.com/wordpress/

買って食べる、いつもの日常が、もし誰かの役に立っているとしたら?
Bremen Fairytale(ブレーメン フェアリーテイル)は 神奈川県川崎市にある元住吉ブレーメン商店街の働く障害者を 応援するBrand Shopです。当店の商品はすべて障がい者施設で作られた品々です。 全国から、みんなが「ちょっとあったかくなれる商品」をセレクトしています。 自家焙煎コーヒー・スイーツ・食品・オリジナルグッツetc...が店頭に並びます。

「Fairytale(おとぎ話)のように誰もが主役で固有の存在でありたい」
Fairytale(おとぎ話)のように、だれもが主役で固有の存在でありたい そんな思いをブランド名に込めました。 社会でのけものにされながらブレーメンに向かった動物たちのように、 ひとりひとりが、あなたの物語にであえますように…

世界初のWelfare Brand(ウェルフェア ブランド)
BremenFairytaleは、世界初のWelfare Brand(ウェルフェア ブランド)です。 当店の売上は障がい者の収入になります。 Handicap person(ハンディキャップ パーソン)を応援するためのブランディングをWelfare branding(ウェルフェア ブランディング)と名付けて活動していくことがわれわれのMission(使命)です。

こだわりの自家焙煎珈琲の製造販売
Bremen Fairytaleの運営母体であるNPO法人レジストは、就労継続支援B型事業所レジネスの運営もしています。レジネスでは、 こだわりの自家焙煎コーヒーを製造しています。Bremen Fairytaleでは、レジネスのこだわりコーヒーを販売しています。

NPO法人 レジスト Bremen Fairytale(レジネス)

住所
〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-59-22
TEL
044-948-8443
FAX
044-948-8443
メール
info@resistnpo.com
時間
OPEN 9:30 Close17:00 (土日祝定休)
SNS
facebook
Instagram
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://www.kibounoie.net/

BOKUはECOtchi!
僕の名前は【ECOtchi エコッチ】。使われなくなった時計や着なくなったお洋服のボタン、壊れた家電から生まれたんだよ。

大切にしていたものがECOtchiに変身
廃材から生まれたHaizai-ECOtchi は腕時計や携帯電話、パソコンなど、不要とされたものから生まれました。ひとつとして同じものはありません。大切にしていたものをECOtchiの形に変えて、またそばにおいてください。
※エコッチは社会福祉法人 杉並希望の家就労継続支援B型事業所 希望の家が製造販売しています。

社会福祉法人 杉並希望の家就労継続支援B型事業所 希望の家

住所
〒168-0082 杉並区久我山5-36-17
TEL
03-3335-3774
FAX
03-3335-3673
メール
hopehouse.y@jcom.zaq.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
SNS
Instagram
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:http://www.kibounoie.net/

商品掲載準備中

共に生きていくために
希望の家は障害者が社会と遊離することなく、社会から隔離されることなく共に生きていくために、それぞれの自立を目指します。

「やるっきゃない!」
障害者が一般社会で自立して生きていくためには、今日でもなお、幾つもの難しいハードルを越えなければいけません。
しかし、それでも「やるっきゃない!」という自らも障害者である創設者の意思を受け継ぎ、障害者が社会と遊離することなく、社会から隔離されることなく共に生きていくために、それぞれの自立を目指します。

社会福祉法人 杉並希望の家就労継続支援B型事業所 希望の家

住所
〒168-0082 杉並区久我山5-36-17
TEL
03-3335-3774
FAX
03-3335-3673
メール
hopehouse.y@jcom.zaq.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

ホームページ:https://www.seibu-co.or.jp

互譲互助
お互いに譲り合い助け合う心

佐賀県一の工賃を目指しています!

日本一の「ものづくり」を目指し日々挑戦し続けています。
「昆虫の里」は、佐賀県藤郡太良町にあります。
太良町は佐賀県の西南部に位置し、有明海に面した自然豊かな場所です。
山と海に囲まれたこの場所で、地域に根差しながら「佐賀一」「日本一」のものづくりを目指しています。佐賀西部コロニーの各事業所では、佐賀県産の木材を使った木工製品や温暖な気候を利用して農作物・みかんの栽培をしています。そのほかにも、のぼり旗・横断幕の製造やレザークラフトを制作しています。

全日本カブト虫相撲大会を開催!
昆虫の里では温暖な環境を活かして、昆虫を育てて、販売しています。
そして、昭和60年から全日本カブト虫相撲大会を主催しています。
この大会は、当時アメリカのテレビ局、NBCで全米に紹介されました!
毎年開催を重ね、今では地域の方だけでなく全国から参加者が訪れる大会になりました

地域社会とのつながりを大切に
地域の契約農家さんの販売技術とわたしたちの販売・労働力で「農福連携」に積極的に取り組んでいます。
みかん、さつまいも、しいたけ、きくらげなどを生産しています。

お祭りや飲食店の宣伝に!
昆虫の里では、お客様からヒアリングして、わかりやすい、目に留まるようなデザインの旗の制作しています。
地域のお祭り、神社仏閣、飲食店などでご活用いただいています!


「味」があるレザークラフト
しっかりと厚手の革で作っているので、手縫いをするのは大変ですが、一目、一目、心を込めて作っています。
糸の色を変えてカラフルステッチにしたり、細部の遊びごごろを大切にしています。

障害福祉サービス事業所 昆虫の里

住所
〒849-1615 佐賀県藤津郡太良町大字大浦乙1840-2
TEL
0954-68-3211
FAX
0954-68-3212
メール
seibu-print@po.hagakure.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜16:30

ひのき工房

ホームページ:http://npo-arata.yokohama/

『まちの中で自分らしく生きたい』
NPO法人,新は障害のある人たちが、
まちの中で自分らしく生きていく社会を目指して
活動を続けています。

理念:自分らしく生きていく社会を目指して

障害があっても自分らしく働く
NPO法人新は、障がい児・者の安定的な活動場所の確保を目的として創設されたのが始まりです。障がい児・者のやりたいことを全力で支援していきます。
デイセンターつぼみはその活動拠点の一つです。
定員16名の事業所で,様々な障害を持つ方々が作業しています。

                      障害があっても自分らしく働く
                        一つ一つにまごころを込める

一つ一つにまごころを込める
デイセンターつぼみではバリエーションに富んだ商品を展開しています。
ハワイアンコードで作られたバック,マグネット,ポーチ,巾着などなど...。
その他にも御朱印帳など流行に合わせて新商品を続々と生み出しています!
デイセンターつぼみで一つ一つ手作りで制作されています。
すべてここだけのオリジナルです!!

タオルのご寄付のお願い
つぼみでは、ご寄付でいただいたタオルを使ってぞうきんを制作・販売しています。
この商品をご購入いただくと、原価がほとんどないので、販売価格の90%近くが作り手の工賃になります。
この雑巾は地元でも大人気商品です!
市販の雑巾と違って、厚手でにして作成するので、何度つかってもへたりません。
もし、ご家庭や会社で使い道のない未使用のタオルやバスタオルがございましたら、ご寄付をお願いいたします。

                        タオルのご寄付のお願い

デイセンターつぼみ

住所
〒231-0842 横浜市中区上野町1-27-2
TEL&FAX
045-622-9010
メール
時間
月〜金 9:00〜18:00
ひのき工房

ひのき工房

北海道札幌市

ショップのおすすめ
どんなシーンにも似合う・個性あるハンドメイド作品

わたしたちのモットー
作品を通じた、色々な出会いを大切に

幅広い活動を通して、自立と社会参加を目指す

アイビーは、北海道にある就労継続支援A型事業所です。一緒に働く仲間がより良い生活を送れるよう、一般就労に近い職場づくりをし、業務や職業訓練を通じて知識・技能を向上させながら、一般就労を目指す取り組みをしています。 業務は、ウェブサイトの制作・デザイン、イラスト作成、アクセサリー販売、介護など、幅広く活動しています。販売では積極的にイベント等にも出店しており、イベントを主催することもあります

画像1
画像2

納得がいく作品を作り上げる
1つひとつの作品を納得がいくまで作り上げることは、やはり大変です。予算と作品のバランスをとることが難しかったり、作りたいものを作っていても、思い通りに仕上がらないこともあります。 作り手と十分に話し合いながら、納得して仕上げることを目指しています。

作品を待ち望んでくれるお客様がいること
毎月必ず依頼をしてくださるお客様がいることで、納品を待ち望んでいただいていることや、手にとってくださっていることを実感しています。作品が形になり、お客様に喜んでもらえることは、やはり嬉しいです。

画像3

団体・組織名称

住所
〒003-0821 北海道札幌市白石区菊水元町1条5丁目2番9号
TEL
011-887-0418
FAX
011-887-9485
メール
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
https://keizokusien-a.ivy-job.net/
SNS
Twitter

ひのき工房

ホームページ:http://npo-arata.yokohama/

『まちの中で自分らしく生きたい』
NPO法人,新は障害のある人たちが、
まちの中で自分らしく生きていく社会を目指して
活動を続けています。

理念:自分らしく生きていく社会を目指して

障害があっても自分らしく働く
NPO法人,新は障がい児・者の安定的な活動場所の確保を目的として創設されたのが始まりです。障がい児・者のやりたいことを全力で支援していきます。
デイセンターつぼみはその活動拠点の一つです。
定員16名の事業所で,様々な障害を持つ方々が作業しています。

                      障害があっても自分らしく働く
                        一つ一つにまごころを込める

一つ一つにまごころを込める
デイセンターつぼみではバリエーションに富んだ商品を展開しています。
ハワイアンコードで作られたバック,マグネット,ポーチ,巾着などなど...。
その他にも御朱印帳など流行に合わせて新商品を続々と生み出しています!
デイセンターつぼみで一つ一つ手作りで制作されています。
すべてここだけのオリジナルです!!

タオルのご寄付のお願い
つぼみでは、ご寄付でいただいたタオルを使ってぞうきんを制作・販売しています。
この商品をご購入いただくと、原価がほとんどないので、販売価格の90%近くが作り手の工賃になります。
この雑巾は地元でも大人気商品です!
市販の雑巾と違って、厚手でにして作成するので、何度つかってもへたりません。
もし、ご家庭や会社で使い道のない未使用のタオルやバスタオルがございましたら、ご寄付をお願いいたします。



                        タオルのご寄付のお願い

デイセンターつぼみ

住所
〒231-0842 横浜市中区上野町1-27-2
TEL&FAX
045-622-9010
メール
時間
月〜金 9:00〜18:00
ひのき工房

ひのき工房

九州 福岡県福岡市

ショップのおすすめ
13人のメンバーで描きあげた、絵本のようなカレンダー

わたしたちのモットー
みんな違ってみんないい、アートでつなぐ仲間の輪

楽しいアート活動を通して、社会参加への架け橋となる場

ひまわり六本松は、福岡市内にある就労継続支援B型事業所です。知的障がいのあるメンバーが、絵画や刺繍などの作品を制作しています。
本人や家族が安心して楽しく通所し、アート作品の制作などを通して、社会とつながり、円滑な地域生活が送れるよう、日々活動しています。
作品は、美術館やギャラリー、カフェで展覧会を行ったり、アートグッズとして販売を行ったりしています。
地域でのバザーやイベントにも参加しており、ライブペインティングも好評で、その場で描かれた作品を購入される方もいらっしゃいます。アートを通じて、メンバーへの温かい理解の輪が広がっていくことを目指しています。

画像1
画像2

自由な発想を大切に
支援員は、あちこちからあがる「どうすればいいですか?」という質問に応えるために飛び回っています。 商品としてのクオリティーを上げたいという想いとの葛藤を持ちながらも、みんなの自由な発想を大切にし、商品作りをしています。

絵を見てもらうことが、喜びと自信に
メンバーは自分の絵が新商品として採用されると顔がほころび、家族にも喜んでもらえて嬉しそうです。販売会でも、お客様に、この絵は自分が描いたものだと説明して購入していただくと、喜びや自信につながっています。
そのため、商品は一筆箋やひと言箋など、絵柄の違うものを1セットにして、より多くのメンバーの絵を採用しています。
カフェで展示した絵を見たお客さんに、「あなたの絵のファンです」と言われて嬉しかった! というメンバーもいます。

画像3

社会福祉法人 福岡市手をつなぐ育成会 ひまわりパーク六本松

住所
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松2−3−21
TEL
092-406-2406
FAX
092-406-2407
メール
park1@fiku.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)9:00〜16:00
ホームページ
http://www.fiku.jp/park/
SNS
facebook
Instagram
twitter:なし
ひのき工房

ひのき工房

大阪府大阪市

ショップのおすすめ
心を込めた1点もののアクセサリー

わたしたちのモットー
個性を活かした手作りで、地域や企業、たくさんの人々とつながる

その人の個性を活かして活躍できる場所

エンジョイワークインピースは、大阪市都島区の就労継続支援B型事業所です。さまざまな障がいをもつメンバーが、1つ1つ気持ちを込めてアクセサリーを手作りしています。「しっかり働きたい」「自分のペースで頑張りたい」といった声に応えながら、みんなが能力を発揮し、1人1人の個性を活かせる環境作りを目指しています。また、制作を通して、地域や企業など、人と人とのつながりを作ることも大切にしています。地域のイベントに参加して住民のみなさまと交流し、ご好評をいただいています。

画像1
画像2

お客様のご要望に答える
お客様のご要望にはできる限り答えるようにしています。例えば、ピアスで制作したものを、イヤリングでほしいという場合などです。 ただ、直接販売ではその場で交換ができるのですが、通信販売だとお答えするのが難しくなっています。

お客様に届くことが、みんなの喜びに
心をこめて作ったものが売れると本当に嬉しく、作った本人はもちろん、みんなで一緒に喜んでいます。 商品はいろいろなデザインを展開しており、すべて同じものがない、1点もののアクセサリーです。お客様にもぜひ、お気に入りを見つけていただけたらうれしいです。

画像3

就労継続支援B型 エンジョイワークインピース

住所
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通3−27−13 BELLEAIR3階
TEL
06-6921-4510
FAX
06-6921-4511
メール
info@enjoywork-peace.com
時間
月〜金(祝祭日・お盆・年末年始除く平日) 10:00〜16:00
ホームページ
SNS
Instagram
ひのき工房

ひのき工房

東京都福生市

ショップのおすすめ
再生紙のクラフトバンドで編んだ、エコでおしゃれな小物やバッグ

わたしたちのモットー
誰もが「障害」をもつ可能性がある。たとえ「障害」を持っても、自分らしく豊かに地域生活が送られるように、障害福祉のサービスを提供する

持っている能力や個性を活かし、「はたらく」を応援する

就労センター第2拝島駅作業所は、福生市にある就労継続支援B型事業所です。誰もが何かを生産する能力を持っていると考え、心を込めてハンドメイドの小物を作っています。最近では、クラフトバンドという、牛乳パックなどの再生紙でできている環境にやさしい紙紐を使って、アクセサリーやかご、バッグなどを作っています。編み方の種類もたくさんあり、作り手のそれぞれのカタチや色彩など、個性が出ていて、どれも素敵な商品となっています。

画像1
画像2

個々の能力を活かす
個々の存在を大切にして、それぞれの能力を発揮できることを心がけています。それをどうやって売れる商品につなげていくかは難しい課題でもあります。

チャレンジと成長が喜びに
商品作りに慣れてきて1人でできるようになると、どんな色で作るか、自分で決めることも楽しくなってきます。また、今まで作ったことのない物にチャレンジして完成した時の達成感は、大きな喜びと自信になります。お客様に商品を買っていただいた時や、喜んでいただいた時ももちろん嬉しいですが、「こんな商品が欲しいな」とご要望をいただいた時には、新しいチャレンジへの意欲が湧いてきます。

画像3

一般社団法人西多摩福祉会 就労センター第2拝島駅作業所

住所
〒197-0003 東京都福生市熊川1646-1 サンライズマルヤマA
TEL
042-513-7018
FAX
042-513-7018
メール
nishitama4@n-tama.org
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜15:00
ホームページ
http://n-tama.org
SNS
ブログ
ひのき工房

ひのき工房

東京都世田谷区

ショップのおすすめ
国産原材料にこだわった、グルテンフリー米粉麺(藍麺・とうもろこし麺・玄米麺)。ツルツルもっちり食感で、パスタにもラーメンにもアレンジ自在。小麦・卵アレルギーの方にも、安心してお召し上がりいただけます!

わたしたちのモットー
1人ひとりが気持ちや得意分野を活かしながら、目標を実現する

落ち着いた雰囲気のレストランで、生きがいとなる仕事を見つける

アンシェーヌ藍は、東京の三軒茶屋にある、就労継続支援B型事業のレストランです。1人ひとりが得意分野を活かしながら、接客や調理補助、開店準備、掃除など、さまざまな仕事を担当しています。生きがいとなる働く場を提供するだけでなく、それぞれの気持ちを大切にしながら就労に向けた目標を持って、それを実現するための支援を行っています。レストランにはグランドハープがあり、落ち着いた雰囲気のなか、ごゆっくりお食事をお楽しみいただけます。レストランでのランチ営業のほか、世田谷区役所にてキッチンカーでの販売も行っていますので、ぜひ一度お召し上がりください。

画像1
画像2

国産の原材料へのこだわり
「グルテンフリー米粉麺」は、米粉に乾燥藍葉の粉末やとうもろこし粉、玄米粉を加え、小麦粉や卵を使わず、豆乳と澱粉で練り込んでいます。これらの原材料は、すべて国産品。生産コストはかかってしまいますが、お客様に安心してお召し上がりいただくため、こだわり続けています。

”おいしい時間”をみんなでシェアできたときが喜び
お客様に米粉麺を召し上がっていただき、「おいしかった!」の声が聞けたときは、本当にうれしいです。お客様と、スタッフみんなとで“おいしい時間”をシェアできることが、私たちの喜びになっています。

画像3

アンシェーヌ藍

住所
〒1540-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1−36−8由上ビル2F
TEL
03-5430-3671
FAX
03-5430-3671
メール
ancienne@aikobo.or.jp
時間
月火木金(祝祭日・年末年始除く平日)11:30〜14:00
ホームページ
http://www.aikobo.or.jp/ancienne.html
ひのき工房

ひのき工房

東京都町田市

ショップのおすすめ
着物地をリメイクした布ぞうりやエコバック

わたしたちのモットー
障がいがあってもなくても、社会の役に立つ仕事をする

地域で共に育ち、社会の一員としての自立を目指す

NPO法人クローバーの会は、東京都町田市の就労継続支援B型事業所です。着物地のリメイク製品や手織り製品の製造・販売を行っています。地域のイベントにも積極的に参加し、1人ひとりが地域社会の一員として、自立して生活できることを目指しています。 商品は、布ぞうり、エコバック、ストールなど、さまざまな人気商品があります。お気に入りの一品を見つけていただけたら幸いです。

画像1
画像2

作業内容を習得を目指す
小物作りや手織りの作業は難しいところもありますが、やり方は分かりやすく伝えるようにしています。繰り返し伝え、作業を続けてもらうことで、その人のペースに合わせて習得を目指しています。

技術が上がり、素晴らしい製品を作る
作業を続けるうちに1人ひとりの技術が上がっていくと、とても嬉しく思います。また、技術が上がることで素晴らしい製品ができると、喜びも倍増し、お客様やみんなの喜びにもつながります。

画像3

NPO法人クローバーの会

住所
〒194-0032 東京都町田市本町田2507-4 町田木曽住宅ハ-16-103
TEL
042-791-3357
FAX
042-791-3357
メール
clover-org@nifty.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:30〜16:00(詳細はHPで)
ホームページ
http://clover-club.sakura.ne.jp/
ひのき工房

ひのき工房

神奈川県相模原市

ショップのおすすめ
庭のお手入れをするガーデニング作業や農園でハーブや花々を作っています。そこからでる樹々の枝やドライフラワーを使って、他所にないオリジナル性あふれるクラフト雑貨を作っています。
わたしたちのモットー
なくても困らないが、あると生活が豊かになるようなものを、一つ一つ丁寧に作り上げ、それを心から愛してくださる方に届けたい、そんな思いで商品作りに取り組んでいます。


障がい者が心豊かに、安心して暮らせるように…

ガーデンクラフト "雨の木"をつくっているレインツリーは、現在神奈川県に3カ所あるB型の事業所です。 一般住宅のお庭をお手入れするガーデニング作業と、その剪定枝を利用したクラフト雑貨の制作、それに添えるハーブやドライフラワーを農園で栽培しています。私たちレインツリーのコンセプトは「働いて元気になろう!」です。元気になったら働こうではなく、働くことで元気になれると考えています。服薬して休むことも必要ですが、からだを動かすことと、他人と関わることが、それ以上に大切だと思っています。障がい特性を配慮した、働きやすい環境と、からだを動かし、人や社会に貢献できる仕事をたくさん用意して、「安心して働きたい。働けるようになりたい」という、利用者の願いに応えていきたいと考えています。

画像1
画像2

よい塩梅が難しい
利用者さんの夢や目標の実現のために、園芸療法の一環としてクラフト作業にどのように取り組み、かつ、需要に応えていけるか、ちょうどよい塩梅を見つけるのが大変です。 利用者さんが作りたいものを好きなように作らせてあげるのか、お客様が欲するものをマニュアル通りに作るのか、利用者さんの個性と障害に配慮しながら加減を見極めるのが難しいです。

作り手の声
●自分が一生懸命に作ったものが売れるとうれしい。
●「かわいいねー」「すごーい」「すてき!」などお客様の驚いたような声を聞いたときは「やった!」と思います。
●木の輪切りを磨いてるうちに、きれいな年輪が浮かび上がってくると、感動します。
●農園にまいた種に芽が出で成長する様子を毎日眺めていると、とても励まされているような気がします。

画像3

ガーデンクラフト 雨の木

住所
神奈川県相模原市中央区東淵野辺5-18-24
TEL
042-851-3116
FAX
042-851-3129
メール
raintree@tbz.t-com.ne.jp
時間
月〜金(平日、一部祝祭日、年末年始、お盆休みを除く) 8:30〜17:00
ホームページ
https://www.raintree-nls.com/garden_craft
SNS
Facebook
ひのき工房

ひのき工房

東京都板橋区

ショップのおすすめ
一枚ずつ心を込めて縫い上げた手作り布マスク(綿100%)
とっておきのマスクで毎日がちょっと楽しくなりますよ♪
わたしたちのモットー
日々の暮らしをちょっと素敵にもっと自分らしく♪


子どもたちの世界を広げる、小さな雑貨屋さん

高島平(東京都板橋区)の住宅街にある、小さな手作り雑貨屋さんです。就労準備型放課後等デイサービス”児童デイサービスもちの木”の子どもたちと職員が運営しています。もちの木では、特別支援学校や特別支援学級に通う中学生・高校生が仕事や一人暮らしのトレーニングを積み、自立への道を歩んでいます。ひたむきに頑張る子どもたちの世界を、さらに広げたい。そんな思いからオープンしたお店です。たくさんの皆様のご利用を心よりお待ちしております。

画像1
画像2

細部までこだわる
お客様がどんな商品を手にされたら喜ばれるのか、お客様のニーズに少しでも応えられるよう、生地やデザイン選び・包装に至るまで、細部にとことんこだわっています。

お客様との交流で子どもたちが成長
包装や販売接客に関しては、もちの木の子どもたちも担当しています。地域のお客様との交流を通して、子どもたちの意外な一面や、新たな可能性を目にする機会が増えました。子どもたちの成長ぶりを感じられることが、一番の楽しみであり、喜びです。

画像3

児童デイサービスもちの木

住所
〒175-0082 東京都板橋区高島平1-34-7 ラ・ヴィラ杉本102
TEL
03-6906-6234
FAX
03-6906-6235
メール
mochinoki@roukyou.gr.jp
時間
月〜土(日曜・祝祭日休)10:00~18:00
ホームページ
https://mochinoki.jimdofree.com/
SNS
Twitter @jidou_mochinoki
ひのき工房

ひのき工房

千葉県柏市

ショップのおすすめ
手作りならではの風合いと温もりがある、完全オリジナルのレザークラフト製品です。牛革100%で、1つ1つ手作業で心を込めて作っています。

わたしたちのモットーブランド名の“SLOWLY AND SURELY”には、−「ゆっくりと、だが確実に進んでいる」。 人間の成長なんて様々。得意なものもあれば不得意なものもある。だけど同じ日なんてない。今日は確実に昨日とは違ってる。君は昨日の君よりずっと輝いている。どんなにゆっくりでも、着実に歩み続けて欲しい−そんな思いを込めました。


心を込めた手作業で、ひとりひとりが着実に成長する

NPO法人Next-Creationは、千葉県にある多機能型事業所(就労継続支援B型・生活介護)です。主に知的障がいのある方々が、オリジナルブランド「SLOWLY AND SURELY」の皮製品を製作しています。ひとりひとりが職人としての誇りをもち、心を込めた丁寧な作業による、妥協のない製品作りを行っています。

                      https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/slowlyandsurely/profile/1.jpg
https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/slowlyandsurely/profile/2.jpg

時間をかけて、1つ1つの製品に向き合う
どの製品も完全手作業で製作しているため、仕上がりまでに時間がかかります。 そのため、みんなで工程を分け、1つ1つの製品を丁寧に仕上げるよう心がけています。

お客様の声はもちろん、作業そのものが喜び
お客様からご購入後に「とても丁寧に作られていますね」などとメールをいただくと、とても嬉しいです。また、事業所へ購入に来てくださった方が作業風景を見て、「みなさん、集中して取り組んでいますね」と言ってくださることもあり、励みになります。 作業をするみんなからも、「間違えがなく縫えた時は嬉しいです」「作業をしているときが楽しいです」などと、物づくりへの喜びの声が聞かれています。

                        https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/slowlyandsurely/profile/3.jpg

SLOWLY AND SURELY

住所
千葉県柏市北柏3-14-1
TEL
04-7167-5511
FAX
04-7167-5511
メール
info@next-creation.net
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)8:45〜16:30
ホームページ
http://next-creation.net
SNS
facebook
twitter:@ID
ひのき工房

ひのき工房

東京都江戸川区

ショップのおすすめ
厳選された国産の原材料を使用し、障害を持った方と共に、大豆の状態から一生懸命「心」を込めて作っている美味しい手作り味噌

わたしたちのモットー
障害者をはじめ、高齢者や子どもを対象として地域での世代間交流活動をしていき、安定、安心して暮らせる、まちづくりの促進します。

心を込めた手作業で、ひとりひとりが着実に成長する

味噌工房わくわくは東京都江戸川区の就労継続支援B型事務所です。利用者の自立した日常生活や社会活動への参加ができるよう就労や生産活動の機会を提供し知識や能力の向上のため、必要な支援を行っています。少子化高齢化において、平均寿命がのびてゆく中、障害者の高齢化も例外ではありません。現在、一般就労している障害者が高齢等のため就労を続けていくのが困難となったとき、住み慣れた地域の中で就労継続をしていける環境作りが必要と考えました。江戸川区内において、障害者をはじめ、高齢者や子どもを対象として地域での世代間交流活動をしていき、安定、安心して暮らせる、まちづくりの促進を目的としていきます。

                      https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/wakuwaku/profile/3.jpg
https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/wakuwaku/profile/2.jpg

時間をかけて「心」を込めて
味噌工房わくわくの味噌は、厳選された国産の原材料を使用し、障害を持った方と共に、大豆の状態から一生懸命「心」を込めて作っています。美味しい手作り味噌を、どうぞご賞味ください。
味噌だけでなく、レジンで作ったミニチュアや羊毛フェルトのアクセサリーを作っています。1枚1枚折っている鶴の箸袋は、お祝い事やホームパーティーなどにお使いただいています。

待っててくれるお客様へ届ける喜び
江戸川区の販売会では、毎年味噌ができるのを楽しみに待っていてくれるお客様がいます。いつもご利用いただき待ってくれているお客様にお味噌をお届けできることが喜びです。

                        https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/wakuwaku/profile/1.jpg

特定非営利活動法人Linked Heart 就労継続支援B型事務所味噌工房わくわく

住所
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-6-22
TEL
03-6638-9748
FAX
03-6638-9748
メール
linked-heart.edogawa7@outlook.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:30〜16:30
ホームページ
https://linked-heart.com/
ひのき工房

ひのき工房

北海道札幌市

商品掲載準備中

ショップのおすすめ
レジンとビーズをコラボレーションしたアクセサリー、着物地で作った小物、ランチマット、コースター

わたしたちのモットーリラックスしながら、物作りができるようにしています。


本人の「やりたい!」を仕事に

Good Job! は、北海道札幌市にある就労継続支援B型事業所です。主に精神障害のあるメンバーが、アクセサリーや小物を作っています。それぞれの個性や特性に合わせて、本人がやりたい仕事を一緒に企画しています。

https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/goodjob/profile/goodjob1.jpg
https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/goodjob/profile/goodjob2.jpg

本人の個性とペースを尊重
本人の個性や特性を尊重し制作しているため、仕事のペースにはアップダウンがあり、商品の制作に時間がかかってしまうこともあります。

作る楽しさと売れる喜び
どうしたらよいものができるかなど、色々なことを考えながら制作することは、とても楽しいです。また、自分が作った物が売れること、大きな喜びを感じます。 楽しく制作したものが売れると、喜びも倍になりますね。

https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/goodjob/profile/goodjob3.jpg

Good Job!

住所
北海道札幌市北区屯田6条9丁目5‐18
TEL
011-839-5148
FAX
011-839-5148
メール
airin-goodjob@outlook.com
時間
月〜金【(祝祭日・年末年始除く平日)9:00~18:00】
ホームページ
http://www.goodjob-goodpeople.com
ひのき工房

ひのき工房

東京都豊島区

ショップのおすすめ
本場パリで技術を磨いたショコラティエによる指導のもとで作った、ルビーショコラ。原材料からおしゃれなパッケージまでこだわったっており、プレゼントにもおすすめです。

わたしたちのモットー駒込は、ソメイヨシノ発祥の地である染井村があった場所です。桜の木のもとに人々が集い、活気にあふれた染井村のような存在になりたい。そんな想いから、SOMEI VILLAGEと名付けました。


デザインもおしゃれなSOMEI VILLAGEブランド

SOMEI VILLAGEは、豊島区立の駒込生活実習所・駒込福祉作業所・駒込福祉作業所分室の統一ブランドです。これらの施設では、革細工、ビーズアクセサリー、さをり織りや、チョコレート、焼き菓子など、さまざまな商品を作っており、すべてにSOMEI VILLAGEのロゴやマークが入っています。SOMEI VILLAGEでは、人気商品のボンボンショコラをはじめ、デザインやパッケージもおしゃれな商品を取り揃えています。喫茶店SOMEI VILLAGEでの販売も行っていますので、ぜひご利用ください。

画像1
画像2

チョコレートの品質管理
チョコレート作りには、温度や湿度の細やかな管理が必要です。こうした作業に注意を払うことは大変ですが、高品質でおいしいチョコレートにするために、みんなでがんばっています。

作ったものがおしゃれにパッケージされ、売れること
メンバーからは、「作るのは難しいけど嬉しい」「自分が作ったものがおしゃれにパッケージされるのが嬉しい」といった声が聞かれています。そして、自分たちが作ったものがお客様に買っていただけた時には、みんなが嬉しくなります。

画像3

SOMEI VILLAGE

住所
東京都豊島区駒込4‐7‐1
TEL
03-3910-2301
FAX
03-3910-2770
メール
komagome@ikuseikai-tky.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
http://www.ikuseikai-tky.or.jp/~iku-komagome/
SNS
facebook
Instagram
ブログ
ひのき工房

ひのき工房

栃木県宇都宮市

ショップのおすすめ
形や色の組み合わせなど、ハンドメイドをいかしたデザイン性あふれる商品になっています。イチオシは羊毛フェルトで製作している『いもむし』です。色鮮やかな配色や表情を見比べながらお気に入りを見つけてみてください。
わたしたちのモットー
『笑顔があるところに幸せが集まる』をモットーに、メンバーさんそれぞれの「得意」をいかし、皆で協力し合いながら、アットホームな雰囲気でモノづくりを楽しんでいます。


個性的な1点物をつくっています

栃木県にある就労継続支援B型・生活介護を行っている施設です。主に知的障害・身体障害のある方々がアクセサリーや雑貨を製作しています。色の組み合わせや形など、メンバーさんの個性あふれる1点物の商品が多くあります。県内のイベントに出店し、たくさんの方々にお気に入りを見つけ購入していただいています。

https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/ichigonoki/profile/1.jpg
https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/ichigonoki/profile/2.jpg

個性を発揮してほしいから1点物しかつくれません
商品の色や形など、メンバーさんの個性が十分に発揮できるようにサポートしているため、まったく同じ商品をいくつも製作しようと思っても難しいところです。

購入してくださることが喜び
自分がつくったものをお客様が気に入って買って下さると「また頑張ってつくろう!」とやる気がどんどん湧いてきます。また、時間をかけ少しずつ出来上がってくると完成が楽しみになります。

https://gigaplus.makeshop.jp/pippo/img/ichigonoki/profile/3.jpg

イチゴノキ

住所
栃木県宇都宮市八千代1丁目14-23
TEL
028-678-9041
FAX
028-678-9041
メール
iroha15-otk@cap.ocn.ne.jp
時間
月〜金(お盆・年末年始を除く平日)10:00〜16:00
ひのき工房

ひのき工房

千葉県千葉市

ショップのおすすめ

千葉の素材にこだわったフィナンシェが人気!焼き立てのフィナンシェをお届けします。みなさまに安心して召し上がっていただけるお菓子作りにこだわり、 小さな焼き菓子屋おおぞらの焼き菓子には、保存料や香料等の添加物を一切使用いたしません。


わたしたちのモットー

私たちのつくる焼き菓子でみんなに笑顔を届けたい・・・シンプルですが、私たちの想いです。



千葉県から全国へ!

千葉市にある就労継続支援B型事業所です。今は小さな焼き菓子屋だけど、いつか大きく羽ばたきたい!!!そんな夢を持って、毎日心をこめてお菓子を焼いています。


画像1
画像2

「千葉」の素材を使ったオリジナルフィナンシェ

千葉県の特産「ピーナッツ」を使ったピーナッツフィナンシェや九十九里で採れる天然塩「山武の海の塩」を使ったフィナンシェ、佐倉市のヤマニ味噌を使った味噌フィナンシェなども作っています。



お客様からの言葉が喜び

「お客様に喜んでいただけること」「おいしいって言ってもらえること」が、みんなにとって最大の喜びです。

画像3

小さな焼き菓子屋おおぞら

住所
263−0001 千葉県千葉市稲毛区長沼原町324−17
TEL
043−306−3912
FAX
043−306−3913
メール
oozoraen@outlook.jp
時間
月〜金 9:00〜17:00
ホームページ
http://chichinokikai.web.fc2.com/patissier.html
SNS

facebook


ひのき工房

ひのき工房

神奈川県横浜市

ショップのおすすめ

ビーズを編み込んで作っているネックストラップがおすすめです! 全て、世界にたった一つの一点物。一人一人の感性に任せてのビーズ製品です。普段使いに、贈り物に…アクセサリーとしてだけでなく、いろいろな使い方があります。


わたしたちのモットー

もう放っておかんよ〜!(ほっと・館よ〜!)誰もがホッと出来る場所。困っている時、お互いが支えあって生きる場所。



制作から販売まで「自分で」決める

ほっと・館 ぷらす・わんは、横浜市にある生活介護事業所です。主に知的、身体障害の方々が日々、ビーズ製品等を製作しています。 ビーズを選ぶところから配列まで、自分で考えて、自身のペースで取り組んでいます。 値札や販売アクセントの和紙も自分たちで染めています。


画像1
画像2

製品をたくさん作りすぎてしまいます

製作者の制作ペースが速く、在庫をたくさん抱えている物もあります。また、製品化が追い付かない(仕上げはスタッフが行うため)物もたくさんあるので、早く販売したいと思っています!



作り手の声

・静かに集中して作っている時が楽しい!
・(ビーズの)色を選ぶのが楽しい!
・長くできていくのが楽しい!
・早くたくさん作りたい。作った作品を並べて眺めるのが好き!
・売るのが楽しい!

画像3

ほっと・館 ぷらす・わん

住所
224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町1793-3
TEL
045-947-0301
FAX
045-947-0301
メール
plus-one@y-kyousei.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
https://www.y-kyousei.or.jp/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

長崎県大村市

ショップのおすすめ

小さなものから大きな商品まで、丁寧にしっかりと作りこんでいます。アイロンビーズ:夏の思い出セット(カブトムシとクワガタ、スイカ) エコクラフト:車花編みの手提げかご(取り外しできる内袋付き)


わたしたちのモットー

☀就労に係る一人一人の特性に合わせた支援を行うこと
☀就労に係ることで、作業技術の習得が活かせるように行うこと
☀仲間としてお互いに協力し支え合う力を身につけること
3つの理念のもとに、ひとりひとりの個性に合わせた支援を出来る限り行っていきたいと思っています。特に重度の障害のある方でも、少しずつ出来ることを見つけ、積み重ねていく事ができるように心がけています。



交わりながら、時にはぶつかりながら、元気に楽しく

長崎県大村市にある就労支援B型の施設です。いろんな障がいのある方々が交わりながら時にはぶつかりながらも元気に楽しくアイロンビーズ、エコクラフトなどを使って雑貨を製作しています。平面から始めたアイロンビーズは今では立体作品やアレンジ作品を作るまでに上達。 エコクラフトもしっかりと作りこまれ、「1年使ってもしっかりしている」というご購入者様の声もありました。 それぞれが1点もの。商品を見ながらオリジナルの注文を受けることもあります。 作り手は、障がいがあっても少しでも社会貢献したいという気持ちを込めて作っています。


画像1
画像2

難しくてもあきらめずに製品化しています

アイロンビーズ
・大きな作品はアイロンをかけるのが難しく、時間をかけて並べたビーズもアイロンがけがうまくいかないと台無しになってしまいます。
・手が自由に動かせない人も制作するので、少しの衝撃で並べたビーズが崩れてしまい、 また最初から並べ直さなくてはいけなくなります。
エコクラフト
・細かく根気がいる作業なので一つの商品が出来上がるまで時間がかかります。
・編むときに力をいれて締めなくてはいけないので大変です。


お客様とのやりとりが楽しくて、嬉しい

Aさん: バザーなどの販売時に自分が作った商品を買っていただけるのは嬉しいし、お客様から「これはどうやって作るんですか?」など作品のことを聞かれたりしてお客様と会話できることが嬉しい。
Bさん: 商品ができあがると達成感があり、やりがいを感じる。大きな作品ができ あがった時は特に嬉しい。
Cさん: お客様から直接「こういう商品を作って欲しい」と頼まれると嬉しいしやりがいがある。

画像3

太陽工房

住所
856-0018 長崎県大村市今富町656−5
TEL
0957‐47‐8928
FAX
0957‐47‐8929
メール
taiyou.koubou2014@gmail.com
時間
月~金(祝祭日・年末年始除く平日) 9:00〜17:30
SNS

blog


ひのき工房

ひのき工房

東京都板橋区


ショップのおすすめ

国産小麦粉、よつ葉バターを贅沢に使ったお菓子たち!1つ1つ丁寧にラッピングしてお届けします。クッキー、カップケーキ、おまんじゅう、タルトなど、種類色々なお菓子を作っています。オススメはドライフルーツを使ったフルーツタルト!


わたしたちのモットー

「おいしい」と何度も手に取っていただけるお菓子を作っています。



目標・願いに向かうことができる場所

東京都板橋区にある就労継続支援B型の施設です。障害のある方と一緒にお菓子の製造を行っています。 お菓子の製造・販売等の仕事を通じ、ご本人の目標・願いに向かうことができる場を提供しています。生活リズムづくり、体力づくり、より良いコミュニケーション、就労スキルの向上などの目標に対し、可能性を引き出しながら支援を行っています。また、販売を通して地域の方々との交流も大事にしながら活動をしています。


画像1
画像2

みんなで力を合わせて

作り手がたくさんいるので、同じように毎回作れなかったり、オリジナリティーが出てしまうこともあります。それでも、皆で力を合わせて1つ1つのお菓子が完成します!



お客様の手に届くことが喜び

自分たちが作ったものがお客様の手に届いて「おいしかったよ」「友達にあげたら喜んでもらえたよ」と言ってもらえることが何よりも嬉しいし、これからも美味しいお菓子を作ろう!と励みになります。

画像3

JHC赤塚

住所
175-0092 東京都板橋区赤塚1-8-15
TEL
03-3975-3299
FAX
03-3975-3294
メール
jhcakatsuka@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜17:00
ホームページ
http://www.jhcitabashi.com/akatsuka/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

大阪府大阪市

ショップのおすすめ

ごませんべい・白玉麩ラスクがおすすめです。こだわりの「安心・安全の原材料」を用いて作ったお菓子です


わたしたちのモットー

ごらく=互楽



相互扶助の「互」と、障がいのある人もない人も助け合い「楽」しく働くから「互楽」

私共ごらくは、相互扶助の「互」と、障がいのある人もない人も助け合い「楽」しく働くから名づけました。  安心・安全のこだわりの原材料だけを用いたお菓子作りの他、紙漉き作業などの活動を通し、人と人が支え合い、地域と繋がり安心して暮らせる社会を目指し、様々な活動を行っていきたいと思っています。


画像1
画像2

微妙な加減が製品の質を左右します

手作業の製品づくりは、微妙な手加減や季節の変化などに合わせることが製品の質に影響します。 それに対応することはとても難しいですが、作り手はみんな日々頑張っています。 紙漉き作業:安定した厚みの紙を大量に漉く事はとても難しいです。 菓子製造:天候によって水分量、火加減の調整が難しいです。



お客様の暖かい言葉が嬉しい!

「きれい!」「可愛い!」「美味しそう!」「また買いに来たよ!」など、お客様から暖かいのお声を頂いた時がとても嬉しいです。

画像3

ごらく

住所
〒554−0014 大阪府大阪市此花区四貫島2−18−14
TEL
06−4256−7757
FAX
06−4256−7767
メール
goraku-commons@nifty.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
http://gorakukai.jp/
SNS

instagram


ひのき工房

ひのき工房

千葉県我孫子市


ショップのおすすめ

私たちのコーヒーパッケージは手書きです。世界に一つだけのコーヒーです。


わたしたちのモットー

障がい者の方々の就労訓練を目的として運営するカフェです。直接的な社会とのふれあいの中で、社会性や就労に必要な知識や技能の醸成を図ります。



「世界に一つだけ」のドリップバックを作っています。

コーヒーの焙煎からドリップ作成まで、また喫茶営業もしております。利用者一同なごやかな雰囲気で作業しています。コーヒーパッケージは、手書きですので、世界に一つだけの商品となっております。是非五感でコーヒーをお楽しみください。


画像1
画像2

こだわるから時間がかかる

コーヒーパッケージは、一つ一つ手書きですので、多少時間がかかることもありますが、こだわって描いています。



知ってもらえること、売れることが嬉しい

Aさん
 自分が作ったものが売れるのが嬉しいです。
Bさん
 地域の人を始め、少しずつ知ってもらえることが嬉しいです。
Cさん
 販売を通して、様々な方と交流できることが嬉しいです。

画像3

i工房cafe'Poco a Poco

住所
〒270−1108 千葉県我孫子市布佐平和台1−1−103
TEL
04−7197−2283
FAX
04−7197−2283
メール
i.f.c.iandi3@gmail.com
時間
火〜金(祝祭日・年末年始除く平日)13:00〜16:00
ホームページ
http://n-iandi.org/index.html
SNS

facebook

instagram


ひのき工房

ひのき工房

東京都葛飾区

ショップのおすすめ

おすすめはフィナンシェ。良質な材料をふんだんに使用し、1つ1つ丁寧に手作りしています。


わたしたちのモットー

法人の理念「個人の尊厳を保持して、安心した生活を、地域生活において営むことを目指します。」を念頭に置き、利用者様ひとりひとりの個性と向き合い、就職するためのお手伝いや、活き活きと仕事ができる場の提供をおこなっています。社会人として地域の方と関わり、製菓や販売の仕事にも携わっていただくことは皆の励みになるものと考え、積極的に活動させていただいています。



作り手の人柄を感じ取っていただける商品を作る

 東京都葛飾区奥戸1−1−1にある就労移行、就労継続B型の事業所です。主に知的障がいのある方が通い、焼菓子やパンを手作りしています。  併設の店舗「ピエトン・カフェ・エヴァン」や地域のイベント、区施設などで販売をしており、購入されたお客様からは美味しいと好評の声をいただいています。  焼菓子は、食感や風味を生かして一つ一つ丁寧に焼き上げており、作り手の人柄を感じ取っていただける商品に仕上がっています。  食に豊かさを大切にしている皆さまに、自信を持ってお届けするこだわりの品質を是非、ご賞味ください。


画像1
画像2

良い製品ができるように試行錯誤

一つ一つの作業は手作業で行っています。製品の形にばらつきがないように気をつけています。 良い製品ができるように日々試行錯誤しています。



「美味しい!」の声が嬉しい

作った製品が、お客様の手に届き、美味しいと思ってもらえたら嬉しいです。

画像3

ピエトン・カフェ・エヴァン(しょうぶエバンズ)

住所
〒124−0022 東京都葛飾区奥戸1−1−1
TEL
03−5654−3353
FAX
03−5654−3376
メール
syobuevans@tefuku-evans.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜15:00
ホームページ

SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都渋谷区

ショップのおすすめ

刺繍ブローチがおすすめです。趣のあるデザインで仕上げたおしゃれな小物を揃えました。


わたしたちのモットー

TENTONEは、 一人ひとりが自分の個性を活かした仕事を選びとることができ、ここちよい場所をつくることをコンセプトにしています。 作業に人を合わせるのではなく、可能な限り人に合わせて、仕事を生みだしていきたいと考えています。



アーティスティックでクリエイティブ

東京都渋谷区、笹塚と幡ヶ谷のちょうど真ん中にある、アーティスティックでクリエイティブな就労継続支援B型施設です。近日中に施設独自のECサイトの立ち上げを行う予定です。また中野区野方にある「GIFT SHOP OTAHUKU」にて委託販売をしています。 1つ1つの作品に個性があふれているので、是非「私の一品」を見つけて頂きたいと思います。


画像1
画像2

独自性や魅力をどうやって引き出すか

利用者さんには自由に制作して頂いてますが、それをいかに形にするかはスタッフ側の課題なのでいつも苦心しています。その方の独自性や魅力をいかに引き出すデザインにするか、どんな商品が買う側から求められているかなどスタッフと話し合っています。



作品が商品になった瞬間が嬉しい!

利用者さんの作品が商品として形になった時や更にはその商品が売れてその報告を利用者さんにした際に喜んでくれた時、作り手もスタッフも共に喜びがあります。

画像3

TENTONE

住所
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-8-4 リッツパラシオ10F 1002
TEL
03-6276-6181
FAX
メール
tentone@beanshelper.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:30
ホームページ
http://tentone.tokyo/
SNS

blog

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

熊本県

ショップのおすすめ

手づくりの布マスクやエコバックなどを作っています。
おすすめはコレ!:レースカーテン生地のエコバック


わたしたちのモットー

SPK=「笑顔」〜誰かの笑顔の為に〜 誰にでも使いやすく、長い間愛してもらえるような作品を届けたい



熊本県の自然豊かな場所からお届けします!

熊本県の山都町という自然豊かな町にある就労継続支援B型です。 毎日の作業内容は、地域の農家さん達の依頼を受け、施設外・内作業に取り組んでいます。 現在は、手芸制作も多くの利用者さんが挑戦され、マスクやエコバックを中心とした多くの作品が誕生しています。


画像1
画像2

やりたい人ができることを探す

布の裁断、ミシン担当、包装・・など、幾つかの役割分担を行いながら、 やりたい人ができることを探し、少しでも多くの人が一つの作品に携わる事が出来るように支援しています。 たくさん作っても手芸作品を販売できる場所が少ないので、ネット通販を通して多くの方に手に取っていただきたいです。 是非、オシャレで可愛い作品達を楽しんでください!



作り手の声:手芸作品作りが楽しい!

・コロナの影響で医療従事者の方が大変な中、自分に出来る事=マスク制作を行い、誰かの役に立てることが嬉しい
・自分の作った作品が売れることが、一番嬉しい
・ミシンは難しいけど、ゴムを通したり、袋に入れる手伝いが出来て嬉しい
・少しずつ上達していき、皆に褒めてもらえる事が嬉しい
・手芸が楽しい!大好き!

画像3

SPK

住所
〒861-3503 熊本県上益城郡山都町下名連石582
TEL
0967-74-6011
FAX
0967-74-6012
メール
spk.6011@vega.ocn.ne.jp
時間
夏 8時〜17時 冬 8時30分〜17時30分
ホームページ
https://sanpuuka.com/
SNS

facebook

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

愛媛県松山市

ショップのおすすめ

手作りのオリジナル雑貨を製作しています。すべて手作りだからこそ「世界にたったひとつ」に出会えます。


わたしたちのモットー

「明日も通いたい場所」



ひとりひとりの思いに寄り添い、自分らしい生活に繋げる

愛媛県松山市にある就労継続支援B型事業所です。精神障がいを抱える方々が、作業や活動を通して、自分のペースで目標に向かって進んでいく場所です。ひとりひとりの思いに寄り添い、それぞれの居場所となれるような事業所を目指しています。どんまいクラブの作業は内職、施設外就労、オリジナル雑貨製作の3本柱で成り立っていて、オリジナル雑貨の販売は事業所に併設する店舗「あとりえdeまいんど」でも販売しています。和気あいあいと、皆で相談しながら協力して作業に取り組んでいます。


画像1
画像2

おすすめ商品

羊毛フェルト:羊毛フェルトを使ったストラップやブローチ、干支根付など様々な商品を製作しています。
推しはコレ!:干支根付け うし
布製品:用途に合わせた生地選びから製作が始まります。生活のなかに溶け込むよう実用性も考えて製作しています。
推しはコレ!:タックポーチ
手すきのハガキ:使用済みの封筒を再利用して、手すきで作っています。
「このハガキは筆が乗る」と絵手紙を書かれる方にも人気の商品です。あとりえdeまいんどの商品が詰まった贈り物にもおすすめの商品です。
推しはコレ!:ギフトボックス



作り手の声

Aさん
仲間も増えバリエーションも広がり、しんどい時を一緒に乗り越えるごとにチームワークも上がっています。作風もありそうでなかった可愛いものを目指しています。
Bさん
デザインや仕様に悩むこともありますが、メンバーや職員さんとよく話し合って、1点1点丁寧に心を込めて製作しています。
これからも手にしてくださった方に喜んで頂けるような良いものが作れるよう、まずは自分が作ることを楽しんで一生懸命作業に取り組みたいです。

画像3

あとりえdeまいんど

住所
〒790-0811 愛媛県松山市本町6丁目11-8 どんまい本町センター1F
TEL
089-923-3023
FAX
089-989-3023
メール
donmaiclub@npo-donmai.com
時間
月〜金(平日の祝日は営業) 10:00〜14:00
ホームページ
http://npo-donmai.com
SNS

blog


ひのき工房

ひのき工房

埼玉県

ショップのおすすめ

メンバーの手織り布にこだわり、手織り布で作った作品をお届けします。同じ柄は一つとなく完全オリジナルです。
おすすめ:肩掛けバッグとお薬手帳


わたしたちのモットー

一人一人が違う人生、ストーリーを持つ一個人として尊重され、心の不調を経験しても希望を失わず、障害のある人もそうでない人も一市民として共に生きていける社会を目指します。

作り手は「織姫」 笑いがこぼれる製品を作りたい

埼玉県一小さな市、蕨市にある、これまた小さな工房「つむぎ」です。施設の織姫たちが織った作品で雑貨などを制作しています。今後は、織り以外でも個性あふれる、暖かで笑いがこぼれるオリジナル商品を手掛けていきたいと考えています。


画像1
画像2

商品のクオリティを上げるために

皆さまにお届けするには、作品としてのオリジナリティも大切ですが、使っていただく上での強度や耐久性なども大切しなければなりません。デザインと品質をどうやって両立するのか試行錯誤しています。また、作り手であるメンバー達が腕を上げていくにはどうしたら良いか?よりよい製品を作るにはどうしたら良いか?をみんなで考えています。



作り手の声

自分が作っている物が、製品になりお客様の手に渡ったときがとても嬉しいです。
作品などをほめてもらえて嬉しいです!
すべて忘れて作ることに没頭したり、制作でいろいろなチャレンジができることが喜びです!

画像3

つむぎ

住所
〒335-0001 埼玉県蕨市北町2-9-23
TEL
048-432-8152
FAX
048-432-8172
メール
itoguruma@ito-tsumu.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
https://ito-tsumu.com
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都目黒区

ショップのおすすめ

一つ一つ丁寧に手作りしたアロマキャンドルを販売しています!
推しはコレ!:六角柱キャンドル


わたしたちのモットー

「まごころこもった手作りアロマキャンドルで癒しのひとときを」アロマの香り・炎のゆらぎで、お客様の心に優しく寄り添えたら・・・そんな想いを込めて製作しています。



お互いに協力し合い製作をしています

東京都目黒区にある自立訓練(生活訓練)・就労継続支援B型の施設です。主に精神障害のある方々がキャンドルの製作・販売をしています。施設内のショップや区役所での販売を行うほか、地域のイベントなどに出店しています。談笑しつつ穏やかな雰囲気の中、お互いに協力し合い製作をしています。また、キャンドルのアイデアも利用者の方に出していただき、みんなで話し合って商品開発を行っています。結婚式の引き出物や記念品として、ご注文も承っております!お気軽にお問い合わせください。


画像1
画像2

細かな管理と慎重な取り扱いが大切

キャンドル作りは温度や色の調整が必要だったり、細かい工程が多いです。また、傷などがつきやすく慎重に扱う必要があります。お客様に喜んでいただけるように一つ一つ丁寧に制作しています。



作り手の声

細かい工程が多くて大変だけど、完成した時の達成感があります。
自分の作ったキャンドルが売れると嬉しいです。
お客様に「可愛い」「きれい」と褒めてもらったときが嬉しいです。

画像3

Akariya

住所
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-4-2 メルベーユルーブ2階
TEL
03-3716-1464
FAX
03-3716-1464
メール
youlike@sight.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・夏季・年末年始除く)10:00〜17:00 ※不定期休業あり
ホームページ
https://www.mikinokai.jp/Akariya
SNS

ひのき工房

ひのき工房

埼玉県所沢市

ショップのおすすめ

丁寧に真心込めて作っています。
プレゼントにオススメ:ハーバリウムボールペン


わたしたちのモットー

皆様に喜んで頂く為にたゆまぬ努力をしていきたいと思います。笑顔で会話を楽しんだり、元気になったりする環境作りを目指しています。



地域の皆様から好評です!

埼玉県にある就労移行支援、就労継続支援B型の施設です。主に精神障害のある方が雑貨を制作しています。市役所や地域の他施設に出店して、高い評価を頂いております。


画像1
画像2

制作はすべて作り手が携わっています

制作は作り手の個性でデザインから全て行っています。制作が思い通りいかず自信を無くしてしまったり、在宅で行っている方にはすぐに材料を渡しに行く事が難しい時もあります。



作り手の声

Oさん 私が作ったのが売れて嬉しかった。
Sさん 作って渡した人が喜んでくれたり、皆が褒めてくれて嬉しかったです。
Mさん 職人なので当然です。お客様の笑顔が第一です。
職員 日々関わる中でいつの間にか共に安心しあえたり笑顔が増えた事が喜びとなりました。

画像3

alohaウエストワークショップ

住所
〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町1-42-17GCコート203
TEL
04-2968-9486
FAX
04-2968-9487
メール
t-tsuchiya@mode-five.com
時間
月〜土(年末年始を除く)9:00〜17:50
ホームページ
http://mode-five.com
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都杉並区


ショップのおすすめ

私たちの作業所は一つ一つ丁寧に真心こめた手仕事が自慢です。


わたしたちのモットー

利用する方が楽しく働く場・仲間たちの憩いの場・家族と地域の方とのふれあいと交流の場・障害者と家族の生活と権利を考える場



個性豊かな製品が魅力です

東京都にある就労継続支援B型の施設です。主に事故や病気により障害をおった中途障害者の方が通所しています。個性豊かな方が多く製品にも生かされています。


画像1
画像2

モチベーション維持を大切に

製作者のモチベーション維持のために、支援者は声掛けを工夫しています。また、製品の売上などを数字にして「見える化」しています。



作り手の声

「商品が売れると嬉しいです!」
「作ったものが褒められることが嬉しいです!」
「製品が出来上がった時に達成感があります!」

画像3

ashitanokai

住所
〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-12-1
TEL
03-5397-3636
FAX
03-5397-3636
メール
tomorrow53973636@yahoo.co.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
http://koukisya-suginami-asitanokai.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都東大和市

ショップのおすすめ

天然皮革を使用したハンドメイドレザー小物です。


わたしたちのモットー

商品の品質に妥協しない



個々の力を発揮する

東京都東大和市にある就労支援B型の施設です。主に精神障害のある方々が、革工芸・クッキーづくり・パソコン作業にそれぞれの力を発揮しています。


画像1
画像2

コロナウィルスで困っています

新型コロナウイルスで制作に影響が出ています。



作り手の声

購入してくださるお客様の笑顔を思い浮かべながら作品制作に励んでいます。

画像3

あとりえトントン

住所
〒207-0014  東京都東大和市南街5−69−6
TEL
042−566−3920
FAX
042−566−4413
メール
shop@atonton.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
https://atonton.com
SNS

ひのき工房

ひのき工房

群馬県佐波郡玉村町

商品掲載準備中

ショップのおすすめ

美味しさにこだわり霜が降るギリギリまで木で完熟させた葉とらずりんご


わたしたちのモットー

健常者と障害者の境目を無くす意味のflat(ふらっと)・ふらっと気軽に来られる施設を目指し、錦を纏って旅立ってほしい(充実した人生を歩んでほしい)という意味で名付け、その想いで支援しています。



農業×福祉

群馬県にある就労支援B型の施設です。一人一人の特性や状況、ニーズに合わせた作業を提案しています。農作業や清掃、内職、イベント屋台の手伝いなど幅広い作業提案ができる施設です。


画像1
画像2

りんご作りの苦労:春の摘花

りんご栽培で摘花作業が大変です。1つの株から約5個の花が咲きますが全部の花を実にしてしまうと栄養が行き届かず小さくて美味しくないりんごになってしまいます。2週間の花が咲いてる時期に急いで摘花をしなければなりませんが、春は精神障害のある方々が不安定になる時期なのでどうしても作業が遅れがちになってしまいます。



美味しいりんごができる喜びをみんなで分かち合う

美味しいりんごが集荷できた時はとても嬉しいです!畑で収穫したりんごを「美味しいねーーー!」と言いながらみんなで食べると「頑張って育ててよかったな〜」と思います。

画像3

ふらっとにしきの

住所
〒370-1117 群馬県佐波郡玉村町川井
TEL
0270-61-7123
FAX
0270-61-7081
メール
mutouyayoi0329@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜15:00
ホームページ
http://rikky-event.com/flat/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

千葉県いすみ市

ショップのおすすめ

ひとつひとつに心を込めて作り上げた自信作を販売しています。加工食品は、素材の多くを地産地消のものと学園の畑で育てられた新鮮な素材を使っています。自然のままの味を生かせるように、手づり・無添加の食品を丹精込めて丁寧に作り上げています。石鹸は、植物性の廃油を利用して作っており、漂白剤や芳香剤などの添加物は含んでおりません。肌にも自然にも優しいエコ石鹸です。泥汚れには抜群の洗浄力を発揮します!


わたしたちのモットー

私たちは、自閉症を中心とした知的障がい者の明るい未来を築くため、総力を上げて支援を行います。



作り手が自信をもって制作に励んでいます

九十九里にほど近い外房の地で、知的障がい者を中心とした成人52名が入所している障がい者支援施設です。療養教育の一貫として、日中の作業活動に力を入れ、食品加工・石鹸製造・農作業・手工芸と幅広い活動を行っています。近隣の道の駅では、食品加工班の洋菓子や漬物のファンも多く、固形石鹸は大きな窯を使用して廃油から手作業で製造しています。どの作業班の利用者さんも自信をもって製作に取り組んでいます。


画像1
画像2

時間がかかっても良いものをつくる

知的障がいのある方が中心なので、新しい事に取り組むのは苦手です。しかし、得意な分野は根気強く行ってくれるので、時間がかかっても良いものができます。



お客様のお声を聞けることがとても嬉しいです。

「クッキーを貰って食べたら美味しかったから購入したい!」というお客様からの電話注文。
「味噌とジャムが美味しいから友達にあげたい!どこに行けば買えますか?」というお問い合わせ。
「いすみ学園の石鹸は安いのに激落ちです!」とインスタグラムの投稿。
などなど・・・。お客様のお声を聞けることがとても嬉しいです。

画像3

いすみ学園

住所
〒298-0111 千葉県いすみ市万木22番地
TEL
0470-86-3412
FAX
0470-86-4935
メール
ismi3412@titan.ocn.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
http://isumigakuen.or.jp/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都渋谷区

ショップのおすすめ

みどり工房の手工芸品は一つ一つ手作りなので、一つ一つ違った仕上がりになっています。使うほどに味わいが増します。


わたしたちのモットー

一人一人の個性を活かして、力を発揮できる支援を目指す。メンバーそれぞれが役立つことをして、心の満足度を得られる場所の提供をする。



地域の皆様とのふれあいの中で働く

みどり工房は、渋谷区千駄ヶ谷にある就労継続支援B型事業所です。精神科に通院している人たちが仕事の練習をする場所です。手工芸品の製作・販売・コミュニティカフェ部門で、地域の皆様とのふれあいの中で働く練習をしています。


画像1
画像2

それぞれのペースで

作り手は、長い時間働くことの難しい方々が多いです。製品を作るための作業時間の確保が難しいですが、それぞれのペースで作業し、製品の完成を目指しています。



作り手の声

・出来上がるのが楽しみです。
・売れたらいいなあと思う。
・集中して作業ができた。
・とてもやりがいを感じる。
・出来上がった作品がいい作品になったらいいなあと思う。
・売れたら嬉しい。

画像3

みどり工房

住所
〒151-0071 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-3-12
TEL
03-3356-9517
FAX
03-3356-9517
メール
info@midori-kobo.org
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
https://npoyoridori.wixsite.com/npoyoridori
SNS

facebook

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

長野県北安曇郡松川村

ショップのおすすめ

天然木で作った木工製品


わたしたちのモットー

どんなハンディを持っている方にも「働く」ことはそれぞれの成長にとても大切な要素です。一人一人の成長への道を見つめ個々に適した作業と自助具を作ります。時間をかけて習熟すれば、一人である作業を完結できる、つまり自立して働くことができます。そんな環境を作る事が、職員一同の目標です。



ひとりひとりの適性に合わせて

森の工房は2014年に開所した、長野県北安曇郡松川村にある多機能型事業所(就労継続B型/生活介護)です。木工、調理、織物、草木染めの工房があります。ひとりひとりの能力を最大限生かし、自立して働く場所を目指しています。それぞれの工房では、ひとりひとりの適性に合わせた作業・制作を行っています。


画像1
画像2

一人一人の能力を最大限伸ばす

多様な工程があり、何人もの人が一つの製品作りに関われ、一人一人の能力を最大限伸ばせる活動として木工の工房から始まりました。



インスタで是非いいね!してください!

作品が誰かに届くことが、職人さん達のやる気につながります。よろしければ、おもちゃで遊んでいる記念写真を #森の工房 でインスタグラムにあげてもらえたら嬉しいです。

画像3

森の工房

住所
〒399-8501 長野県北安曇郡松川村神戸3177−1
TEL
0261-85-0950
FAX
0261-85-0950
メール
steiner.mori.no.kobo@gmail.com
時間
月曜日から金曜日 (年末年始、夏休みあり。出展や祝祭などで土曜日に開所 する場合があります。) 開所時間 9:00〜16:00
ホームページ
http://steiner-ryouiku.net/mori/
SNS

facebook

instagram


ひのき工房

ひのき工房

東京都府中市


ショップのおすすめ

国内産こんにゃく製粉を直接農家さんから仕入れ、熟練のこんにゃく職人たちが、一鍋一鍋丁寧にこんにゃくを作っています!
推しはコレ!:でんでん
同じ柄は2度と出ない世界でたった一つの藍染製品を製作しています。
推しはコレ!:藍染パーカー


わたしたちのモットー

どのような障害を持った人でも、地域で豊かに暮らしていけるような、そんな社会を、皆でスクラムを組みながら目指しています。また働くことや様々な活動を通じて、いきいきと日常生活を送れる場を提供し続けることがモットーです。



「楽しく、いきいきと」

東京都府中市にある就労継続支援B型(1階こんにゃく班)と生活介護事業(2階いろいろ班)を営んでいる事業所です。様々な障がい(中途・精神・知的・身体)を持った方が分け隔てなく「楽しく、いきいきと」働いています。帰りの送迎時では笑顔で「また明日!」といってわかれる人がほとんど!作業所スクラムはそんな作業所です。
 こんにゃく班では地域の物産館などに納品するために、日々丁寧なこんにゃく作りに精を出しています。歴10年を超えるほどの大ベテランも在籍中!長く働けることもスクラムの魅力です。
 いろいろ班では藍染のほかにも下請け作業や押し花、ステンシルで装飾したハンドタオル製作など、文字通り“いろいろ”おこなっています。それぞれの個性がいきいきとのびのびと羽ばたいております。そんな中でも藍染の魅力は、2度と同じ柄の出ない唯一性です!世界で一つだけのオリジナル製品をご堪能ください!


画像1
画像2

毎日作業を続けることでみんなが「職人」になる

 こんにゃく班のこんにゃく粉を撹拌する作業では、直径約40センチ・深さ20センチの鍋を均一に混ぜ続けます。(これがかなり大変)混ぜ方によりこんにゃくのコシが左右されるのだとか・・・そのほかにもグラムを統一するためのカット作業は日々の経験が一番物を言い、一朝一夕では身につきません。そんな作業を毎日続けている様はまさに本物の職人です!
こんにゃく班の声:
「やっぱり混ぜるところが大変!私なんか腱鞘炎になったこともあるよ。」
「計量をぴったしにすることが大変です。あと夏は暑さも大変です。」
  2階の作業場では様々な方がいるためにとても賑やか!!集中することが大変だったり(笑)また想像できないかもしれませんが片麻痺の方が縫い物をすることもあります。各作業大変なことも多いですが、それがやりがいなのかもしれません。
藍染班の声:
「染める時が大変。同じものを同じ染め液で染めても同じにならない。狙い通りに染めることが難しい。特に何の模様もないものはムラが出てしまうため本当に難しい。」



作り手の声

コンニャク班の声
Aさん「仕事自体が楽しい!」
Bさん「物品が売れた時が嬉しい。また販売に行けるようになったらいいと思う。」
Cさん「仲間と仕事ができてうれしい。」「青のりこんにゃくが作れるようになって嬉しいです。」
藍染班の声
Aさん「思うように染まったときは、うれしいな。さぼったときが意外といい染まり方するんだよな。真面目にやると意外とダメなんだ。」

画像3

作業所スクラム

住所
〒183-0033 東京都府中市分梅町5-25-1
TEL
042-304-6000
FAX
042-302-8001
メール
scram-hibari@jcom.home.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・夏季・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
https://www.hibarifukushikai.com/
SNS

blog


ひのき工房

ひのき工房

東京都新宿区

ショップのおすすめ

手刺繍入りやビーズアクセサリー、1つ1つ心を込めて作っています。新商品のマスクチェーンはオフィスや普段使い、プレゼントにも人気です!
推しはコレ!:マスクチェーン


わたしたちのモットー

障がいをお持ちの方が一人の人間として、働く社会人として、ノーマライゼーションの理念の下に、自己選択・自己決定・自己実現に向けて



地域における社会参加を実践

新宿福祉作業所は、東京都新宿区における障がい者の多機能型施設(就労継続支援B型・生活介護)のひとつで、主に知的障がいを持つ方々が、ビーズアクセサリー作業やベーカリー作業をして、地域における社会参加を実践している施設です。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!


画像1
画像2

作り手を尊重したモノづくり

ビーズアクセサリーの制作は、細かい作業になるため、長時間の作業は集中力を持続させるのは難しいです。制作スピードは、作り手の状態を尊重しているので、それぞれ完成までかかる時間が違います。そのため、完成までお時間を頂戴することもありますが、お客様に喜んでいただけるように、丁寧に制作しています!



作り手の声

「商品が売れた時、販売会に参加することが楽しいです。」
「お客様がリピートしてくださると嬉しいです。」
「とても綺麗だねと言われると嬉しい。」
「上手だねと言われるともっと作ろうと思います。」

画像3

新宿区立新宿福祉作業所

住所
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-2障害者福祉センター3階
TEL
03-3232-3715
FAX
03-3232-3991
メール
handmade_art_hanako@s-fukusaku.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
http://www.s-fukusaku.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都江戸川区

ショップのおすすめ

器をはじめとした陶製品を取りそろえております!季節に合わせたアクセサリーもあります!
推しはこれ!:片口小鉢・イヤリング・ピアス


わたしたちのモットー

「利用者から表現者へ」をモットーに創意工夫を重ねています。陶芸家の指導の下、デザイン・成形・釉薬掛け・仕上げなど、ほとんどすべての工程に利用者が主体的に関わっています。



日々皆様に親しまれる製品を生み出したい

東京都江戸川区西一之江にある就労B型の施設です。主に精神障害のある方が、陶芸製作とカフェ作業に従事しています。事業所内にある焼成窯で焼き上げた陶製品は、カフェ「気まぐれ飛行船」でも展示販売を行っています。個性の光る作品から日常使いの器まで、日々皆様に親しまれる製品を生み出したいという思いで、話し合いながら作陶を続けています。


画像1
画像2

アイディアは常に工房にとっての挑戦

手びねりやろくろといった成形の技術を身に付けることや釉薬掛けもそうですが、このような製品を作ろうと言うアイディアをどうやって実現して行くかが難しい問題です。アイディアは常に工房にとっての挑戦となります。陶芸家の職員だけでなく、みんなができるように様々な課題をクリアしていかなければ、工房の製品はできあがりません。



陶芸を通じ他者との確かなつながりを持つ

利用者は障害のために普段狭い世界で生きがちです。社会的なつながりをなかなか感じられない方もいらっしゃいます。陶芸作業を通じ「作ること」や「自分が作った製品が売れること」によって他者との確かなつながりを持つことが、社会的な存在としてとても大切なのです。自分の作ったものが社会に認められ売れること、その結果として収入を得ることができること、それが利用者の笑顔につながっています。

画像3

陶芸工房 土の夢

住所
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江4-16-11前波ビル1階
TEL
03-3655-7224
FAX
03-3655-7224
メール
ysg@oregano.ocn.ne.jp
時間
月・火・木・金・土曜日(祝祭日・年末年始・夏季休暇除く)10:00〜17:00
ホームページ
http://edogawayujinkai.or.jp/ysg/index.html
SNS

facebook


ひのき工房

ひのき工房

東京都練馬区

法人ホームページ:https://akanenokai.com/

ショップのおすすめ

◇自己を表現するという手織りの芸術(さをり織り)◇
さをり織りは、織る人の感性で織られ、手づくりの良さが際立つ、世界に一つだけの織物です。さをりで織った生地からできたバッグやポーチ、小物入れなどもまた、世界に一つだけの作品です。
推しはコレ!:ランチバッグ、ポーチ
◇布目が織りなす手芸の傑作(スウェーデン刺繍)◇
スウェーデン刺繍は、糸の色選びやラインの取り方などが、自由自在に変えることができ、様々な模様を作り出すことができます。刺し終えた布を縫製すると、個性豊かな小物が出来上がります。
◇草木染め◇
古くから健康に役立つ素材として生活に寄り添ってきた茜(あかね)。 この茜で染めると、夕焼けの西の空のような美しい色に染まります。
ちょっと小さめのガーゼマスクを茜で染めました。
推しはコレ!:あかね染めガーゼマスク
◇具沢山の乾燥スープと素材の旨味そのままドライフルーツ◇
10種類の野菜が入った「野菜たっぷりスープ」 、5種類のきのこが入った「きのこまろやかスープ」。
砂糖・塩・保存料を一切使用せず、自然の味をそのまま楽しめる「ドライフルーツ」ドライフルーツは、柿・りんご・バナナがあります。


わたしたちのモットー

「障がい者を納税者に」 〜自分らしく生きるために〜 あかねの会は障がい者の自立を支援しています



自分らしく生きるために、自分らしく働く

東京都練馬区にある就労支援B型の施設です。主に知的障がい者のある方々が手織り(さをり織)と模様と糸のグラデーションが美しいスウェーデン刺繍で作品を制作しています。自分らしく生きるために、自分らしく働く。障がいがあっても働ける。もの作りができる。障がいがあっても社会に認められる製品を世の中に出し続けていきたい。その想いを届けたい・・・・「その想い」を是非お受け取り下さい。


画像1
画像2

素材を選ぶわくわく感が作り手にとってたまらない瞬間

◇糸選びから始まる◇
自己を表現するという手織りの芸術「さをり織り」。模様と糸のグラデーションが美しいスウェーデン刺繍は素材の糸選びから始まります。 その素材は織る人、刺繍をする人の感性で選びます。このわくわく感が利用者に取ってたまらない瞬間です。そこから世界に一つだけの作品が生まれます。
◇草木染め◇
古くから健康に役立つ素材として生活に寄り添ってきた茜(あかね)。 この茜で染めると、夕焼けの西の空のような美しい色に染まります。
ちょっと小さめのガーゼマスクを茜で染めました。



製品が売れた喜びが、次の製品作りの意欲に

販売会で自分が作った製品(作品)をお客様にお渡しする時の感激は至福の瞬間です。すべての利用者が販売会に立ち会える訳ではありませんが、製品(作品)が売れた喜びが、次の製品作りの意欲に繋がっています。

画像3

われもこう

住所
〒179-0074 東京都練馬区春日町1-18-36 われもこうビル1階
TEL
03-5848-2481
FAX
03-5848-2481
メール
shop@akanenokai.com
時間
営業時間【月曜〜金曜(祝祭日・年末年始を除く平日 10:00〜16:00】 ※われもこうの商品はPIPPOが発送をしております。商品に関するお問い合わせはPIPPOまでご連絡ください。
ホームページ
https://akanenokai.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都北区

ショップのおすすめ

すべてハンドメイド、特に帯や着物をリメイクして、丁寧に作っています。


わたしたちのモットー

みんなでゆっくりと、少しづつやっていこうね



女性だけの小さな施設です

東京都北区にある女性だけで運営している小さな施設です(就労継続支援B型)。


画像1
画像2

少ない人数でも頑張っています

小さな施設なのでたくさんの商品は作れませんが、かわいいものを作れるように頑張っています。ご寄付いただいた、布地、和服、帯などをリメイクしてオリジナルな製品を作っています。ぜひ、一度お手にとってみてください。



作り手の声

「かわいい」とか「すてきだね」の声が嬉しいです。

画像3

リーブル工房

住所
TEL
03-3822-7658
FAX
メール
時間
月〜金(年末年始・祝祭日除く)10:30〜16:00
ホームページ
http://womensdarc.theshop.jp
SNS

ひのき工房

ひのき工房

大阪府大阪市

ショップのおすすめ

全国の障害者事業所で作られた商品を取り扱う中でも、選りすぐりの商品をご提案しています。ギフトにも、ご自身のご褒美にも、ピッタリです。


わたしたちのモットー

障がい者と社会の架け橋として、障がい者の自立と社会参加の支援活動を行っています。



「障害者事業所で作ったものだから」ではない商品つくり

「障害者事業所で作ったものだから」ではなく、「美味しいから・可愛いから」という理由でお客様に選択される商品づくりを、事業所とともに目指しています。


画像1
画像2

大阪に来たら是非パティスリーとっとへ!

大阪の梅田スカイビルにあるレトロ商店街「滝見小路」の中で、全国47都道府県の福祉事業所で作られたパン・弁当・菓子・食品・雑貨等を販売しています。ビルで働くワーカーの方をはじめ、全国・各国からいらっしゃる観光客の方にお立ち寄り頂ける立地のもと、季節に応じたフェアも展開しています。




画像3

パティスリーとっと

住所
〒531-6023 大阪府大阪市北区大淀中1−1−90 梅田スカイビル地下1階
TEL
06-6346-5755
FAX
メール
patisserie-tot@hb.tp1.jp
時間
平日11〜17時45分(土日祝・盆・年末年始除く)
ホームページ
http://www.together.or.jp/
SNS

facebook

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

群馬県前橋市

ショップのおすすめ

糸から選び1つ1つ丁寧に手織りしています。全て手作りしているため世界に1つのオリジナル商品です!
押しはコレ!:綿100%!手織りマスク 布地もゴム紐も国産にこだわっています。


わたしたちのモットー

「愛を持って、一人ひとりにプロのサービスを“笑顔で”」
障がいのある方々が地域社会の中で夢を持って「働くこと」「暮らすこと」「楽しむこと」ができるよう創意工夫し、全力で支援しています。



製品は、全て手作り

群馬県前橋市にある就労継続支援B型事業と生活介護事業を行っている施設です。身体障がいのある方や知的障がいのある方が、織り作業やパン作り、パソコン入力等を行っています。施設内にベーカリーカフェがあり、織り商品やパンを販売しています。全て手作りしていますので、全て異なる柄となります。お気に入りを見つけてみてください!


画像1
画像2

糸を選ぶところからスタート

製品作りは、糸選びからスタートします。選んだ糸を織って、できた布を縫製してやっと製品になります。すべて手作りのため、製品が完成するためにとても時間がかかります。



売れることがモチベーションになる

お客様が気に入って購入していただけること、良かったからもう1つと購入していただいたり、お友達に紹介していただけたりすることを嬉しく思います。利用者さんも自分で織った布で作った商品が売れると「もっと素敵な布を織ろう!」とモチベーションにつながっています。

画像3

わーくはうす すてっぷ

住所
〒379-2164 群馬県前橋市東上野町136番地1
TEL
027-290-6161
FAX
027-290-6162
メール
w-step@s-step.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)
8:00〜17:00
ホームページ
https://www.s-step.com/
SNS

facebook

instagram


ひのき工房

ひのき工房

群馬県安中市

ショップのおすすめ

こだわり 〜悩
『地元群馬県産の小麦粉「白金鶴」と国産バターを100%使用しております。抹茶は京都産、チョコレートはガーナ産など、そ れぞれの味と香りのバランスを大切に慎重に素材選びをしております。』
こだわり◆〕用者中心製法
『美味しさと安心安全を守りながら、利用者一人ひとりの個性(得意・好き・特性など)を最大限活かせる環境を整え、生地づくりから成型、焼成、袋詰めまで全ての工程を利用者の方が中心となり、とにかく丁寧につくっています。』

おススメ .泪疋譟璽
『こだわりの素材と製法により実現したやわらかな食感と口の中に広がるやさしい香りをお楽しみください。』
おススメ◆.フトセットシリーズ
『友人へのプレゼントからお中元やお歳暮などにも利用しやすいと大変喜ばれている商品です。個包装のためシェアもしやすく、用途に合わせてサイズをお選び頂けます。』  


わたしたちのモットー

“お菓子を通じて『やさしさ』と『キッカケ』を届ける”
やさしい味わいのお菓子を届けて、食べた人がやさしい気持ちになるように、障害者の可能性や福祉事業所の存在を知る、繋がるキッカケとなるように このお菓子と想いが多様性を認め合える街づくりに繋がると信じています。



牾擇靴澆覆ら一生懸命働ける環境づくり瓩鯊臉擇

障害福祉サービス事業所フィロスあけぼの(就労継続支援B型・生活介護)でつくった焼き菓子を販売しているショップです。平成25年4月に設立、群馬県安中市で電話注文を中心に、時々地域の行事や近隣のショッピングモール等で販売をしてきました。そしてこの度PIPPO様の想いや取り組みに感銘を受け、初のインターネット販売をさせて頂くこととなりました。牾擇靴澆覆ら一生懸命働ける環境づくり瓩鯊臉擇砲掘⇒用者一人ひとりの個性(得意、好き、特性)を活かし、自分で納得できる仕事に取り組んでもらっています。「まるで絵本を観ているようね。」工程表を観ながら作業している様子を見た見学者から頂いた言葉でした。やさしいあなたへやさしいお菓子をお届けします。


画像1
画像2

難しいことは「ゆっくり」「丁寧に」解決する

利用者一人ひとりが牾擇靴澆覆ら一生懸命働ける環境づくり瓩鮴阿┐襪海箸呂箸討眛颪靴い任后それを実現するためにはご本人のことを知り、フィロスを知ってもらう必要があります。そのため、お菓子づくりに携わるまでにはたくさんの時間をかけ、ゆっくりと準備を進めていきます。それでも上手くいかないこともあります。そんな時にはまたゆっくりと時間をかけて丁寧に解決していくことを心がけています。



私たちの楽しいこと!嬉しいこと!

新商品開発は支援員と利用者がワクワクドキドキ!
「○○○味のマドレーヌが食べてみたい!」「★★を足したらどうかな?」など多くの意見を集め、色々な材料やフレーバーを試し、みんなで試食会をします。試行錯誤を繰り返して完成した新商品は味も想いもひと味ちがいます!

リピーターのお客様が沢山!
一度購入して頂いたお客様から「本当に美味しかったからまた買いに来たわ。」と言ってもらえたり、「今度はお歳暮やお年賀で使いたいから」と言ってもらえた時は本当に嬉しくなります。

接点がないお客様や企業様からの注文増!
フィロスや障害者福祉と直接接点がないお客様や企業様からの注文が増え、モットーとしている“お菓子を通じて『やさしさ』と『キッカケ』を届ける”が少しずつ広がっていると実感できる喜びはたまらないものがあります。

画像3

フィロスあけぼの

住所
〒379-0133 群馬県安中市原市1544-11
TEL
027-386-6091
FAX
027-386-6092
メール
filos-akebono@seagreen.ocn.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都江東区


ショップのおすすめ

革製品を、丁寧に、手作業で作っています。高級ブランド革「栃木レザー」をはじめ、本革を使った高品質な製品を扱っています。


わたしたちのモットー

明るく、楽しく、元気よく!
一人ひとりのできる範囲で、無理しない!
利用者・職員みんなで、共同作業で取り組んでいます。



「全員参加」の製品づくり

社会福祉法人ゆめグループ福祉会 ドリームクラブハウスです。東京都江東区にある就労支援B型の施設です。主に、精神障害、知的障害のある人が通っています。施設の全員が参加して、自主製品を作っています。今後、順次出品製品の種類を増やしていきますので、よろしくお願いします!


画像1
画像2

少人数ですべて手づくり

すべて手作りなので、時間がかかります。細かい作業もあるので、一人で出来るようになるまで時間がかかります。利用者・職員が少ないので、スムーズに作業出来ないこともあります。




作り手の声〜私たちの嬉しい・楽しい〜

○革製品の制作過程が楽しみです。素材の選別等も、楽しみのうちに入ります。
○「これ、買いましたよ」とお客様が嬉しそうに言ってくれた時。
○商品を上手く売れた時。
○自分の作った商品が売れた時。
○一人で、すべて仕上げまで出来た時の達成感。
○一日中同じ作業ばかりではないので、日々、色々な作業が出来ること。

画像3

ドリームクラブハウス

住所
〒136-0073 東京都江東区北砂1-15-8 2F
TEL
03-3644-6858
FAX
03-3644-6808
メール
shop-dream@yumegroup.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)8:30〜17:30
ホームページ
http://yumegroup.or.jp/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都板橋区

ショップのおすすめ

シルクスクリーンプリントを用いて印刷をしています。メンバーが描いたイラストをプリントしています。デザインや色、素材などすべてにこだわって 一つ一つ、手作りしています。 

推しはコレ!: 「鬼バッグ」 利用者さんの描いたイラストをシルクスクリーンプリントし縫製しています。サイズ感にこだわっています。




KOMONE( 小茂根)+NEST( 鳥の巣)=KOMONEST( コモネスト)

KOMONE( 小茂根)+NEST( 鳥の巣)=KOMONEST( コモネスト) KOMONEST は小茂根福祉園が企画・製造している商品のブランド名です。 この名前は障がいのある人の「巣立ち」( 自立) を願ってつけたものです。 利用者の創作活動や作業に、商品力を持った「ものづくり」とは何かをみんなで 考えて付加価値をつけKOMONEST 商品として発信しています。 障がい者の「自立」には沢山の人々の支援と理解が必要です。 今まで福祉に関わりのなかった人にもKOMONEST の商品に興味を持って頂く事 により、障がい者への関心が芽生え、将来彼らをサポートしてくれる… そんなきっかけをKOMONEST が担っていけたらと思っています。 社会とのコミュケーションツール、それがKOMONEST なのです。


画像1
画像2

それぞれが支え合い、分かち合って生きていく

東京都板橋区にある就労継続支援B型と生活介護の2つのサービスを行うための通所施設です。生活介護では自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、創作活動や生産活動、社会参加の機会を提供しています。就労では、自立した日常生活または社会生活を営むことができるように、就労の機会を提供し、生産活動を行っています。それぞれが支え合い、分かち合って生きていく。小茂根福祉園が織りなす布は世界を温めるパワーがあります。それは、まるでさをりのたて糸とよこ糸のように、、、、




KOMONEST(小茂根福祉園)

住所
〒173-0037  東京都板橋区小茂根3-12-21
TEL
03-3958-8831
FAX
03-3958-7791
メール
komonest@douen.jp
時間
平日8:45〜17:30
ホームページ
https://www.komone-f.net/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都板橋区

ショップのおすすめ

福祉園だからできる丁寧な手仕事で作る自家焙煎珈琲

推しはコレ!: オリジナルブレンドの自家焙煎珈琲




幸運を呼ぶフクロウにあやかって名付けた小茂根福祉園の珈琲、それがフクロウ珈琲です。

フクロウ珈琲は小茂根福祉園で作っている自家焙煎のオリジナルブレンド珈琲です。 小茂根福祉園では、より美味しい珈琲をお届けしたくて、自家焙煎を始めました。 美味しい珈琲の条件は3つあります。
煎りたて
挽きたて
淹れたて
この「美味しい」がつまった珈琲です。フクロウ珈琲で豊かなひとときをお過ごしいただければ幸いです。


画像1
画像2

福祉園だからできる丁寧な仕事。

焙煎や袋詰め、パッケージのスタンプ押しなど全て手作業でお作りしています。 利用者さんそれぞれが得意分野で作業を分担しフクロウ珈琲はできあがります。




フクロウ珈琲(小茂根福祉園)

住所
〒173-0037  東京都板橋区小茂根3-12-21
TEL
03-3958-8831
FAX
03-3958-7791
メール
komonest@douen.jp
時間
平日8:45〜17:30
ホームページ
https://www.komone-f.net/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

埼玉県所沢市

ショップのおすすめ

丁寧に真心込めて作っています。 プレゼントにオススメ:ハーバリウムボールペン


わたしたちのモットー

皆様に喜んで頂く為にたゆまぬ努力をしていきたいと思います。笑顔で会話を楽しんだり、元気になったりする環境作りを目指しています。



地域の皆様から好評です!

埼玉県にある就労移行支援、就労継続支援B型の施設です。主に精神障害のある方が雑貨を制作しています。市役所や地域の他施設に出店して、高い評価を頂いております。


画像1
画像2

制作はすべて作り手が携わっています

制作は作り手の個性でデザインから全て行っています。制作が思い通りいかず自信を無くしてしまったり、在宅で行っている方にはすぐに材料を渡しに行く事が難しい時もあります。



作り手の声

Oさん 私が作ったのが売れて嬉しかった。 Sさん 作って渡した人が喜んでくれたり、皆が褒めてくれて嬉しかったです。 Mさん 職人なので当然です。お客様の笑顔が第一です。 職員 日々関わる中でいつの間にか共に安心しあえたり笑顔が増えた事が喜びとなりました。

画像3

alohaウエストワークショップ

住所
〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町1-42-17GCコート203
TEL
04-2968-9486
FAX
04-2968-9487
メール
t-tsuchiya@mode-five.com
時間
月〜土(年末年始を除く)9:00〜17:50
ホームページ
http://mode-five.com
SNS

ひのき工房

ひのき工房

沖縄県那覇市

商品掲載準備中

ショップのおすすめ

一つ一つ丁寧に真心を込めて作ったクッキーです。


わたしたちのモットー

誰もが仲良く楽しく過ごすことができる場所作りを目指しています。



喫茶&ゲストハウス 沖縄に来たら是非お立ち寄りください!

沖縄県の那覇市にある就労支援B型の施設です。 建物の1階は喫茶―ルームで日替わりランチや、コーヒーなどのドリンクを提供しています。 2階はゲストハウス(民泊)となっており、県外や海外からの宿泊客が利用されています。 個性あふれる利用者さんたちが、キッチンで調理やクッキー作りをしたり、また2階のゲストハウスの清掃やベッドメイキングなどの作業に取り組んでいます。


画像1
画像2

みんなで協力して作る手作りクッキー

クッキーの生地は全て手作りで行っており、思った以上に力を込めて材料を混ぜるため体力が必要で大変ですが、みんなで協力し合い頑張っています。



作り手の声

一生懸命に作ったクッキーがおいしくできた時が嬉しいです。 食べてもらった人たちに「おいしい」と言ってもらえることが嬉しいです。

画像3

がじまるの樹の下で

住所
〒901-0002 沖縄県那覇市曙2丁目22番地3
TEL
098-973-6711
FAX
098-973-6711
メール
marinblue@sun.ocn.ne.jp
時間
月〜金 10:00〜17:00 (休日・土日祝祭日及び年末年始)
ホームページ
http://www.marineblue-okinawa.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

奈良県奈良市

ショップのおすすめ

ぽらりすCoffeeのコーヒー豆は、生豆の選別作業から袋詰めまでメンバーさんがひとつひとつ丁寧に手作業しています。 こだわりの深煎り焙煎は、豆本来の香り、風味を大切にし、ふっくらと仕上がるよう遠赤外線の特別製ドラムで少量ずつ行っています。 注文を受けてからの都度焙煎なので、鮮度には自信あり!! 商品袋に押されたハンコも、デザインも全てメンバーさんの作品たちです。
推しはコレ!: それぞれの四季をイメージした季節限定ブレンド


わたしたちのモットー

「だれもが星のようにかがやける場所」
ぽらりすCoffeeでは、メンバーさんひとりひとりが自分の特技を活かして作業をしてくれています。 ぽらりすはコーヒー事業を通して、メンバーさん同士が助け合い、協力し合いながら自信をつけて次のステップへいけるように、そして作業が難しい方もゆっくりのんびりする居場所として利用できる、そんな場所を目指しています。



コーヒー事業を通し生活・作業の訓練を行っています

奈良県奈良市にある就労支援B型事業所です。
主に、精神障害のある方々が通所し、コーヒー事業を通して生活や作業の訓練を行っています。実店舗を構えている他、市役所や県庁をはじめとする地域のイベントやバザーにも積極的に出店しています。


画像1
画像2

焙煎作業

ぽらりすでは、焙煎ドラムを手回しして豆を焼いています。気温、湿度、火加減などを考慮しながら一定の速度でドラムを回転させ焙煎をするのはとても難しく、細心の注意が必要です。豆を引き上げるタイミングを逃し、時にはとっても深煎りにしてしまうことも・・・。そんな時は、しっかり反省!の後、皆でアイスコーヒーにして美味しく頂いています。



作り手の声

・きれいに豆が焙煎できたときは、とても達成感があります。美味しいうちに飲んでほしい!
・個性的なハンコを使って、世界でひとつだけの商品袋を作っています。おしゃれに押せたらとっても嬉しくなります。

画像3

ぽらりすCoffee

住所
〒631-0041 奈良県奈良市学園大和町2-25-102(事務所)・103(店舗)
TEL
0742-55-7567
FAX
0742-55-7567
メール
polaris@kcn.jp
時間
10:30〜16:00(電話受付は17:30まで)
定休日:木・日・祝祭日・年末年始
ホームページ
http://www3.kcn.ne.jp/~face/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都八王子市


ショップのおすすめ

木工品は、主に国産ひのきを原材料とした、つるつるとした手触りが特徴です。 一つひとつ丁寧に手作りした木の温もりをお届けします。
おすすめ商品はカスタネットです!
お菓子は、国産小麦、種子島産粗糖、グラスフェッドバターを使用し、体に優しいおやつを作っています。 中には自家農園産の農薬不使用の野菜や果物を取り入れた商品もあります。
おすすめ商品はパウンドケーキです。


わたしたちのモットー

ひのき工房では、人間としての尊厳を守り、利用者さんの立場に立った支援を行い、利用者さんが主体性をもっていきいきと働き、心地よく笑顔で過ごせるよう支援しています。



アットホームな雰囲気の中で、その人に合った作業やリハビリに取り組む

東京都八王子市の高尾山の麓にある自然豊かな場所で、就労継続支援B型と生活介護の施設です。 木工品製作を中心に、リサイクル事業、霊園清掃、請負内職作業やお菓子作り、農園作業など幅 広く活動しています。車いすでも自由に動ける広々とした快適な環境とコミュニケーションを大 切にしたアットホームな雰囲気の中で、その人に合った作業やリハビリに取り組んでいます。


画像1
画像2

時間はかかってもみんなで作り上げる

木工品は、企画・作図・型取り・カット・磨き・色塗り・仕上げ等、それぞれができることを分担 しています。一つの商品ができあがるまで時間がかかりますが、みんなで商品を作り上げています。 お菓子では、衛生面には細心の注意を払うことを常に意識し製作しています。



作り手の声

木工製作部門
「木ってこんなに丸みが出て触ると気持ちよくなるんだ!という気づきがあり、 木の魅力を感じるようになった。」
「片手でもできる喜びがある。」
「思い通りにできないからこそ、完成した時の喜びがある」
お菓子部門
「意外と肉体労働で大変な作業だけど、美味しいというその一言が何より嬉しいです!」

画像3

ひのき工房

住所
〒193-0826 東京都八王子市元八王子町2-1839-2
TEL
042-667-2158
FAX
042-667-2168
メール
hinoki2158@yahoo.co.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:30〜17:00
ホームページ
https://www.hinokikobo.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

奈良県大和高田市

ショップのおすすめ

靴下の生地で編んだ座布団


わたしたちのモットー

ゆっくりと自分のペースで



B品や端切れを「アップサイクル」

奈良県大和高田市にある就労支援B型の施設です。運営母体が繊維会社のため、セーターのB品の糸を使って、毛糸玉を作ったりしています。また、靴下製造の際に出る端材(新品)を使い、座布団やコースターを作っています。まだまだ使える素材を「アップサイクル」して、新しい製品を生み出しています。


画像1

フレンドワーク

住所
〒635-0094 奈良県大和高田市礒野北町12番5号
TEL
0745-27-3395
FAX
0745-27-3395
メール
時間
月曜日〜金曜日 10時〜16時
ホームページ
https://friend-work.jimdofree.com/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都江東区

ショップのおすすめ

革製品を、丁寧に、手作業で作っています。高級ブランド革「栃木レザー」をはじめ、本革を使った高品質な製品を扱っています。


わたしたちのモットー

明るく、楽しく、元気よく!
一人ひとりのできる範囲で、無理しない!
利用者・職員みんなで、共同作業で取り組んでいます。



「全員参加」の製品つくり

社会福祉法人ゆめグループ福祉会 ドリームクラブハウスです。東京都江東区にある就労支援B型の施設です。主に、精神障害、知的障害のある人が通っています。施設の全員が参加して、自主製品を作っています。今後、順次出品製品の種類を増やしていきますので、よろしくお願いします!


画像1
画像2

少人数ですべて手作り

すべて手作りなので、時間がかかります。細かい作業もあるので、一人で出来るようになるまで時間がかかります。利用者・職員が少ないので、スムーズに作業出来ないこともあります。




作り手の声〜私たちの嬉しい・楽しい〜

○革製品の制作過程が楽しみです。素材の選別等も、楽しみのうちに入ります。
○「これ、買いましたよ」とお客様が嬉しそうに言ってくれた時。
○商品を上手く売れた時。
○自分の作った商品が売れた時。
○一人で、すべて仕上げまで出来た時の達成感。
○一日中同じ作業ばかりではないので、日々、色々な作業が出来ること。

画像3

ドリームクラブハウス

住所
〒136-0073 東京都江東区北砂1-15-8 2F
TEL
03-3644-6858
FAX
03-3644-6808
メール
dreamclubhouse@yumegroup.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)8:30〜17:30
ホームページ
http://yumegroup.or.jp/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

静岡県静岡市

ショップのおすすめ

こめこシフォン:岐阜県美濃地方の幻のお米「ハツシモ」の米粉を使用。米粉の風味と独特の食感が特徴です。パッケージは、アトリエ・ポルトをイメージしたロゴが入ったおしゃれなボックスです。ギフトにも最適です。


わたしたちのモットー

働きたいという気持ちを形にしたい。 働くことを通して、社会とのつながりや必要とされる喜びを感じてほしい。 福祉の商品ではなく、町のお菓子屋さんの商品として、多くの人に選んでいただけるような商品づくりを目指しています。



安心・安全の原材料にこだわり、だれもがおいしく食べられるお菓子を届けます

静岡市郊外の緑豊かな場所にある就労継続支援B型事業所です。主に知的に障がいをお持ちの方がパンや焼菓子を作っています。 2つのブランドを立ち上げて商品展開しています。 b-leaf(ビーリーフ)は、まだまだ未熟なbabyleaf(若葉)が大きく成長し、bright(輝く) 未来をbelieve(信じる)ことを願って付けました。多くの人においしいパンやお菓子をお届けできるように、お手頃価格になっています。 ron∞ron(ロンロン)は、フランス語のrond(丸い)と無限大を合わせて、ポルトと地域、お客様、みんなの絆の輪が無限に広がるようにとの願いが込められています。安心・安全の原材料にこだわり、だれもがおいしく食べられるお菓子を作ります。


画像1
画像2

わたしたちのこだわり

パンやお菓子はとても繊細で季節や気温、湿度などの変化や混ぜ方の違いなどでおいしさが変わってきます。常に同じ品質のものになるように気を付けながら作っています。 袋詰めの際は、割れやすいお菓子も多いので、割れないように、見た目がきれいになるように気を付けています。お客様、ギフトとして贈られる人が素敵と思ってもらえるように包装にもこだわっています。



私たちの喜び

買ってくださったお客様に「おいしかったよ」と言われること。
お菓子やパンが上手に作れた時。
仲間と協力して仕事ができること。
たくさんのパンができあがった時。

画像3

アトリエ・ポルト

住所
〒420-0906 静岡県静岡市葵区薬師4-5
TEL
05-4655-3090
FAX
05-4655-3091
メール
ap@swc-aisei.or.jp
時間
月〜金(年末年始を除く)8:30〜17:30
ホームページ
http://www.swc-aisei.or.jp
SNS

facebook


ひのき工房

ひのき工房

群馬県前橋市

ショップのおすすめ

和紙の原料は楮100%。名刺サイズに漉いた和紙にスチールの樹脂版で一枚ずつ手回し印刷をしています。
推しはコレ!:千年暦


わたしたちのモットー

「もう一歩すこやかな生活を願って」
皆が働き甲斐があり夢のある充実した生活を送れるように願って事業を行っています。地域の皆さんに喜んでもらえる質の高い製品づくりを心がけています。



「細川紙」の伝統技術を学ぶ

「水と緑と詩のまち」群馬県の前橋市にある多機能事業所です。主に知的障がいのある人たちが手間と時間をかけて和紙を作っています。国の重要無形文化財にも指定された「細川紙」の伝統技術を学び、試行錯誤を繰り返しながら、10年以上をかけて独自の生産方法を確立させてきました。


画像1
画像2

すべての工程を工房内で手作業で仕上げています

原料である硬い楮の木から柔らかな和紙になるまで、すべてを工房内の手作業で仕上げています。また、印刷は活版印刷で一枚ずつ手回し印刷をしていますのでとても根気のいる作業です。



作り手の声

製品作りは材料の楮の切り分けから始めて沢山の工程を行いながら和紙が出来上がり、それを加工して完成します。一つ一つ しっかり取り組んでくれる作り手さんには頭が下がります!
Aさん:うまくできると楽しい!
Bさん:製品が売れたとき「あ、売れるんだ!」と思いました

画像3

一越紙

住所
〒371-0016 群馬県前橋市城東町3丁目15-26
TEL
027-260-6888
FAX
027-235-5801
メール
w-dream@juno.ocn.ne.jp
時間
火〜土(祝祭日・年末年始除く)9:00〜16:00
ホームページ
http://www.hitokoshi.org/kami/
SNS

facebook

instagram


ひのき工房

ひのき工房

東京都新宿区

ショップのおすすめ

機織りの製品がおすすめです。利用者のみなさんが糸を選び、世界に一つしかない織布を作っています。
推しはコレ!:ランチョンマットとコースター


わたしたちのモットー

地域で働く喜びと、より豊かな生活を提供します。自主製品の販売、ベーカリーカフェ「まりそる」の運営を通し、地域に親しまれる、開かれた施設を目指しています。



それぞれの持ち味が活きた色合いや風合いが魅力

東京都にある就労支援B型と生活介護の多機能型事業所です。受注作業の傍ら、機織りや手芸等の自主生産を行なっております。利用者の方それぞれの持ち味が活きた色合いや風合いが魅力の作品は、ボランティアの方々の協力を得て素敵な製品に仕上がっています。施設で運営している、ベーカリーカフェ「まりそる」では、焼き立てパンの販売、地域の皆様の憩いの場としてはもちろん、自主製品の販売も行なっております。


画像1
画像2

限られた時間の中で、より良いものを届ける

受注作業と並行して行うことも多く、利用者の皆さんも作業のスケジュールに応じて作品づくりを行なっています。限られた時間の中で、より良いものをお届けできるように、日々経験を積み重ねています。



作り手の声

Aさん 機織りは、糸が絡まると大変ですが、織ることが楽しいです。
Bさん アクリルたわしを編むのが楽しいです。編み終えると嬉しいです。

画像3

新宿区立高田馬場福祉作業所

住所
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-10-2
TEL
03-3367-2939
FAX
03-3367-2960
メール
takadanobaba@ikuseikai-tky.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)8:30〜17:30
※新宿区立高田馬場福祉作業所 の商品はPIPPOが発送をしております。商品に関するお問い合わせはPIPPOまでご連絡ください。
ホームページ

SNS

facebook

instagram


ひのき工房

ひのき工房

福岡県

ショップのおすすめ

オリジナルデザインポストカード




作品を作るのが好きです

はじめまして(・∀・)やや手先が不器用ですが、作品を作るのが好きでポストカードやストラップを制作してます(ㆁωㆁ)発達障害や複数の病気をかかえてますが、精進していきます(๑•̀ㅂ•́)و✧


画像1




Kawauso

住所
福岡県(個人での出店のため公開致しません)
TEL
非公開
FAX
非公開
メール
mokofuwa@softbank.ne.jp

ひのき工房

ひのき工房

神奈川県伊勢原市

ショップのおすすめ

kidding rOOmでは、現在漫画・シナリオ制作の他に服飾雑貨は2つのブランドから商品が生まれています。
【Be.】では、身に着けることで勇気がでるようなアクセサリー・雑貨
【tip toe toe】では、デザインだけでなく履き心地にもこだわった靴下 をおすすめしています。

♦雑貨ブランドのご紹介
【Be.】
『 plus +1 で可愛くなりたい あなたのために・・・』
Be. とは〈 何にでもなれる 無限の可能性  〉という意味を込めて立ち上げたアクセサリーブランドです。
ひとつの勇気をBe. のアクセサリーと共に身に着けてほしい
そんな願いを込めて・・・

【tip toe toe】
"" Socks can play the leading part! ""
「くつしたも主役になれる!」をテーマに誕生したレッグウェアブランド です。身に着けるだけでしあわせを感じれるようなくつしたをたくさん生み出していくことを使命にしています。


わたしたちのモットー

【つくり手もつかい手も冗談を言い合える仲間と・・・】をコンセプトに想いを共有できる仲間、障がいを持った仲間のみんなでものづくりに取り組んでいます。



『かわいい』や『おもしろい』を発見

kidding rOOmは、神奈川県伊勢原市のとある素朴な場所で漫画制作や服飾雑貨のものづくりをしている就労継続支援A型・就労移行支援 / 就労定着支援の多機能型事業所です。 たわいもない会話をしている空間で『かわいい』や『おもしろい』が発見され、それを形にしたときにたくさんの人たちにもそんな空間を楽しんでほしいという想いが生まれました。kidding rOOmで生まれたそんな想いをアイテムと共にお届けできれば嬉しいです。そして、ものづくりを通して親しみのある集いの場にできればと願っています。


画像1
画像2

私たちが苦労していること

新商品を安定したクオリティに仕上げるまでにとても時間がかかってしまう点です。
また、苦手な作業工程の際には緊張してしまう作り手さんが出てしまうので注意が必要な点です。



作り手の声

新商品を紹介した際に、まずはメンバーさんが「かわいい♡」「欲しいです!」と率直に意見を言ってくれることが嬉しいです。
 Aさん:販売会で自分たちが作ったものが売れたときに、お客さまに喜んでいただけている姿を直接見れることが嬉しいです。
 Bさん:とてもかわいく仕上げることができたときはとても嬉しいです。
 Cさん:かわいい商品を作っている時はテンションが上がって楽しいです。
 Dさん:自分で作っているものを実際に販売会でお客様にご説明して、買っていただけた際はとてもやりがいを感じます。

画像3

kidding rOOm

住所
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原1-14-18
岩崎ビル4階
TEL
0463-75-8940
FAX
0463-75-8917
メール
info@apuris.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)、隔週土曜日 9:00〜17:00
ホームページ
http://www.apuris.jp/
SNS

blog

instagram


ひのき工房

ひのき工房

東京都世田谷区

ショップのおすすめ

「ステンシルTシャツ」約50色の多彩な色のTシャツの中からお好きな色を選んでいただき、そこに既存のステンシル柄を一つ一つ丁寧に色付けしています。作業に携わっているのは、ステンシル作業を得意とする《匠》の腕前の利用者さん方です。アクリル絵の具でしっかり色付けし、アイロンで仕上げた、自慢の逸品です!


わたしたちのモットー

ひとり一人の性格が異なるように、障害も人間の個性のひとつと考えています。その個性、適正を活かしながら、自信をもって笑顔で作業に取り組むことができることをモットーとしています。



毎朝ニコニコ、一生懸命作業に取り組んでいます。

用賀駅からすぐ近く、アクセス良好な場所にある、小さな作業所です。世田谷区内に住む20代から60代の利用者さんが毎朝ニコニコやって来て、一生懸命作業に取り組まれています。


画像1
画像2

商品のクオリティを上げるために

利用者の皆さんが作り上げた商品を気に入り、長く使っていただくために、主婦目線でデザインだけでなく、強度や耐久性なども考慮しています。利用者さんと職員で意見を交わし、季節や流行りの柄をデザインに取り入れるなど、作り手も楽しみながら商品の質を高めています。



作り手の声

自分が作っている物が形になって「かわいい!」「素敵だね〜!」とほめてもらえてうれしいです!
それに注文が入ると、「やる気」が出て、作業に集中できます。
私の作ったものを《誰か》が使ってくれることを考えると、とっても幸せな気持ちになります。

画像3

用賀福祉作業所

住所
〒158-0097 東京都世田谷区用賀 4-7-1
TEL
03-3708-5061
FAX
03-3708-5062
メール
Youga-fukusaku@youga-fs.sakura.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜17:00  
ホームページ
http://www.kashinokikai.net
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都江東区

ショップのおすすめ

やさしいぬくもりを感じられるものを子どもたちに届けたい!そして、安心して遊んでほしい!という思いから、木のおもちゃはお子さんが口にしても安全なワックスを使い、手づくりで丁寧に製作しています。
 おすすめはこれ!:ハンドオルゴール(カリンバ)


わたしたちのモットー

ぬくもりがあって安全な手づくりの木のおもちゃをお求めやすい価格で提供したいと思っています。



おもちゃ作りで被災地支援

アットホームで温かみがあるお店です。作っていてもほしくなるおもちゃがたくさんあります。 東京都にある多機能型(就労移行支援、就労定着支援、就労継続支援B型)の施設で、主に精神に障がいがある方が手づくりで木のおもちゃの製作をおこなっています。 また、誰もがかけがえのない存在として役割や希望を持ち、自己実現を目指せる社会をつくる事を法人全体で目指しており、木のおもちゃの制作・販売をしつつ、東日本大震災以降、利用者支援の一環も兼ねて「被災地の子ども達に木のおもちゃを贈る活動」を継続しておこなっています。


画像1
画像2

大変だけど大切にしていること

お子様が使うおもちゃ。なめらかでやさしい手触りに仕上げるまで長い時間がかかります。大変な作業ですが、丁寧に根気強く作業しています。



作り手の声

一つひとつのおもちゃが少しずつ完成に近づいていくのを見るのは嬉しいです。また、一生懸命作ったおもちゃを手にしてくれた子ども達が嬉しそうにしている姿をみると幸せな気持ちになります。

画像3

木のおもちゃのお店 おあしす

住所
〒135-0001 東京都江東区毛利1−7−3田中ビル
TEL
03-5638-1775
FAX
03-5638-1776
メール
info@oasisfukushi.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜17:00
ホームページ
http://www.oasisfukushi.or.jp/
SNS

twitter


ひのき工房

ひのき工房

山形県米沢市

ショップのおすすめ

オール山形県産原料でつくった山菜ソルト!
推しはこれ!:山形山菜さとやまソルト


わたしたちのモットー

無添加・無着色で、安全・安心な食品づくりに取り組んでいます。



「働きたい・地域で暮らしたい」をお手伝い

かの上杉鷹山で有名な米沢市で運営している「なでらの森」は、障がいのある方の「働きたい・地域で暮らしたい」をお手伝いしております。4つの作業班からご自分にあったお仕事を選んでいただき、自分らしく活き活きと作業して頂いてます。オリジナル商品は、できるだけ国産原料にこだわって無添加・無着色で製造しております。


画像1
画像2

衛生管理にとても気を使っています

食品の製造なので衛生管理にとても気を使っています。いつも清潔な服装・清潔な作業場で製造することを心がけております。手作業で原料を細かく選別する作業もありますが、お客様に満足いただけるように頑張っています。



作り手の声

「たくさんの注文が入ったとき」、「キレイにラベルが貼れたとき」、「毎日働けること」

画像3

なでらの森

住所
〒992-0054 山形県米沢市城西4丁目5-87
TEL
0238-40-1391
FAX
0238-40-1392
メール
kaede@kjc.biglobe.ne.jp
時間
月〜金(祝日除く) 7:45〜16:45
ホームページ
http://www.naderanomori.or.jp
SNS

facebook

twitter


ひのき工房

ひのき工房

北海道虻田郡倶知安町

ショップのおすすめ

私たちは、おもに寄付していただいた着物を利用し、バックや小物を作っています。 同じ着物でも使う場所によって、柄や色が変わる事があるので、全ての商品が一点物です。


わたしたちのモットー

私たちは、一人一人の心の中にある、勇気の種、寛容の種、自信の種が個性豊かに育っていくことをサポートします。



「働きたい」を応援します

北海道倶知安町にある「就労移行支援」と「就労継続支援B型」の多機能型事業所です。障がい者の「働きたい」を応援します。 当事業所では、障がいを持った方が、働くための訓練として、おもにリサイクル着物を利用した商品を製作、販売しています。


画像1
画像2

商品のイメージを左右する生地選び

着物の素材や色、柄を合わせるのが大変です。生地選びに一日かかることもあります。



やりがいと達成感

Aさん 自分の好きな生地を使った商品が完成した時が嬉しいです。
Bさん 自分の技術が上がり、一人で作れた時が嬉しいです。
Cさん 作っている時が楽しいし、一生懸命作った商品が売れると嬉しいです。

画像3

ワークショップようてい

住所
〒044-0053 北海道虻田郡倶知安町北3条西2丁目1−1
TEL
0136-55-5828
FAX
0136-55-5829
メール
wsseizou@npo-tomoni.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)8:30~17:30
ホームページ
http://www.npo-tomoni.com
SNS

blog

facebook


ひのき工房

ひのき工房

埼玉県川越市

ショップのおすすめ

焼き作業、包装作業はもちろん受注から納品に至るほとんどの工程を仲間たちが役割分担し責任を持って行っています。人気商品、売れ筋商品はもちろんありますが、どれも一つひとつ仲間が気持ちを込めて作っている商品です。ちなみに売れ筋ナンバーワンは断トツで「えび煎餅」です。


わたしたちのモットー

「もっとたのしく、もっとゆたかに」
「もっと」とは「現状に満足することなく常により良い製品を作り、より良いサービスを提供できるように努力する」ということ。「楽しく」とは笑顔になるという意味でもありますが「成長することの内面的な楽しさ」を意味しています。上手く出来なかった作業が出来るようになった!、他の仲間と連携できなかったけど出来るようになった!それは仲間にとって「たのしい」ことだと考えています。「ゆたかに」とは工賃が多くなることも意味しますが、「成長することの内面的な豊かさ」を意味しています。うれしい!たのしい!充実感、達成感そういった感情がお金では買えない豊かさにつながると考えています。



障害者も一人の人間として自立していく

「障害の重度、軽度または種別を問わず、地域の中で労働、生活、文化、経済、その他のあらゆる場面で機会を得て、障害者も一人の人間として自立していけるよう支援していく」という理念のもと、各事業、各施設の運営を行なっています。全国の障害者支援施設や福祉の店などに卸しており、地域によっては包材は「いもの子」ではないけど中身は私たちの作業所で製造したお煎餅ということもあります。


画像1
画像2

「全く同じものを作り続けることは出来ない!?」

お煎餅は天候(気温や湿度)や生地の状態など製造条件によって常に調整が必要な商品です。同じ生地を使用し、同じ味付けをしても、作るタイミングで微妙に違いがあります。同じ風味、同じ食感、常にお客様に喜んでいただける美味しいお煎餅を作り続けるのはなかなかに難しいことです。もちろん衛生管理、安全管理も大切にしています。安全衛生について学習する時間も作っています。みなさんに安心して美味しいお煎餅やうどんを食べていただく為にみんなで協力しています。



「働いているんだ〜うれしいよ〜♪胸の辺りでズンズン音がして〜涙が出るよ〜言葉にならない〜♪」

仲間たちは仕事が忙しくなると「大変だ〜!」「疲れたね〜」と口にしますが、その表情はどこか嬉しそうです。昨年からの新型コロナウィルス感染拡大による影響は作業所の仲間たちの日常生活も直撃しましたが、お煎餅やうどんの注文が減ることで仲間の仕事にも大きく影響しました。そこで感じられたのは仕事がたくさんあることのありがたさや仕事のやりがいのようなものでした。注文がたくさん来ること、仕事が忙しくなることを純粋に嬉しいと感じている仲間の姿は「働くことの喜びや楽しさ」を教えてくれます。「自分たちが作る製品を多くのお客様に食べていただける」それは仲間たちにとっても楽しさや嬉しさにつながるのだと、コロナ禍の中で改めて感じました。

画像3

いもの子せんべい(いもの子煎餅)

住所
〒350-1105 埼玉県川越市今成3-13-3
TEL
049-224-5045
FAX
049-224-5144(お煎餅注文専用)
メール
d2-jusan@d2imonoko.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)8:30 〜 17:15
ホームページ
http://www.d2imonoko.jp/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

東京都小金井市

ショップのおすすめ

☆ショップのこだわり
実際に受注して洋服づくりをしている職業指導員が、商品づくりを指導しています。 小物類や文具などを商品化して、イベント等で販売をしています。縁起物「南天九猿」は東京都福祉保健局運営のショップ「KURUMIRU」にて常時販売しています。 商品のレベル向上を目指す同店舗に出品できるのは厳しいチェックを受けた商品ばかりです。現在小金井市内で出店できているのはにこにこファクトリーだけです。 ☆ショップのおすすめ
着物リメイク品:「ループ栞」
縁起物:「南天九猿」


わたしたちのモットー

☆私たちの目指しているもの 「障がい」とは、心身に疾病をお持ちの方を指す言葉ではなく、心身に疾病等をお持ちの方が感じる社会への生きづらさを指していると、私たちは考えています。『誰もが生きやすい社会』の実現を私たちは目指しています。



地域住民の皆様と「お互いさま」の関係を大切に

自分のペースで働けて、JR中央線武蔵小金井駅から徒歩4分の好立地にある就労継続支援B型事業所です。主に精神障害のある方々が寄贈パソコン処理、お弁当屋さん、着物リメイクといった活動を通して地域で自然に働く機会づくりをしています。地域住民の皆様と「お互いさま」の関係で活動しています。


画像1
画像2

商品の魅力を引き出す工夫

着物の生地のどんな模様の部分を使うかによって商品の魅力が決まってしまうので、毎回悩みながら選んでいます。



自分が関わったものが商品になっていく喜び

自分の選んだ生地や自分の作成したパーツが段階的に商品として形になっていくのを見ると達成感や喜びを感じます。

画像3

にこにこファクトリー

住所
〒184-0004 東京都小金井市本町1-14-15
TEL
042-401-2556
FAX
042-401-2564
メール
nikonikofactory@ace.ocn.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:30〜15:00
ホームページ
https://niko25.tokyo/
SNS

ひのき工房

ひのき工房

大阪市中央区

ショップのおすすめ

革製品やマスク、小物を製造販売しています。すべて手作業によるハンドメイド商品です。


わたしたちのモットー

利用者ひとりひとりが作家でありアーティストです。日々、技術を磨きながらそれぞれのデザイン、アイディアを形にするため革製品やマスクの製造を通じて支援しています。



「ひとりひとりのアイディアをかたちに」

大阪市中央区備後町にある就労継続支援A型事業所です。 主に精神障害や身体障害のある方々が革製品やマスク、かわいい小物を製造しています。 インスタグラムやFacebookでも作品を紹介しております。商品のアイディアや販売企画なども利用者さんによるものですべて手作業によるハンドメイド商品です。


画像1
画像2

手間隙のかかりる手作業

製作に当たっては型取り、裁断、縫製などすべて手作業になる為、通常より製作時間がかかります。現状は製作した商品がまだまだ売りあがっていない状況ですので原材料の仕入に苦慮しております。



作り手の声

・自分のアイディアが形になり商品として販売されると嬉しいです。
・苦労して製作したものが完成すると嬉しい、また販売され喜ばれるとうれしい。
・お客様からのご意見や感想を聞いて喜ばれているとやる気が出てくる。

画像3

エナベルほんまち

住所
〒541-0051 大阪市中央区備後町1-5-16 ロータスビル5階
TEL
06-4706-1101
FAX
06-4706-1102
メール
enabelhonmachi1234@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜17:00
ひのき工房

ひのき工房

東京都東村山市

ショップのおすすめ

布製品を主に作っています。女性男性問わず使い勝手の良い小物を数多くハンドメイドしております!


わたしたちのモットー

身近に使えるおしゃれ雑貨をお値打ち価格で多くの方に使っていただける商品へ



東京都東村山市にある就労継続支援B型の事業所

仲間の家は東京都東村山市にある就労継続支援B型の事業所です。主にアルコール依存症、精神障害を持つ方が自主製品や内職作業をしております。 お客様のご意見を参考にし日々新商品開発などに取り組んでおります。


画像1
画像2

材料探し

商品の金具などの希望サイズが見つからなかったりと手に入りずらいこともあります。材料が手に入らないと商品が完成しないので時間がかかることもあります。



喜んでくれるお客様の存在

制作途中、挫折しそうになりながらも完成した商品をお客様が褒めてくれた時にとても喜びを感じます。

画像3

社会福祉法人ネット 仲間の家

住所
189-0025 東京都東村山市廻田町3−4−5
TEL
042-392-5060
FAX
042-392-5060
メール
nakamanoie.pippo@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日・年末年始を除く平日)9:00〜18:00
ホームページ
https://nakamanoie.crayonsite.com
SNS

blog

facebook

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

東京都青梅市

ショップのおすすめ

ショップのこだわり
アイロンビーズを使った立体のおもちゃやエコクラフトで編んだバックなど、子どもから大人まで幅広い方に楽しんでもらえるよう、一つ一つ心を込めて作っています。 お客様の声を聞きながら、新商品づくりにも取り組んでいます。
押しはコレ!:立体おもちゃ(アイロンビーズ)、エコクラフトバック
(お客様からの走らせての声に応えて、立体の動くおもちゃ作りに取り組んでいます。)


わたしたちのモットー

障害があっても地域の中で自由に伸び伸びと生活できるように活動し、成功体験を増やしながら、利用者が自信を持てるような支援を心掛けています。また、地域の居場所として、楽しく過ごせるような環境づくりをしています。



自分のペースで、目的に合わせて通える場所

東京都にある地域活動支援センターで日中活動の一環として、軽作業をしています。通称「わかくさ」と言い、自主製品や季節のイベント商品の作製をしたり、内職作業も行っています。 「わかくさ」は就労を目指す人、生活リズムを整えたい人、居場所等、その方のニーズに合わせ、自分のペースで利用されています。物作りの楽しさを感じながら、興味や気に入った作業に取り組んでいます。


画像1
画像2



メンバーさんからの感想

・一つの作業を仕上げるのに時間がかかるが、完成すると達成感を感じることが出来る。
・麻痺があるので、指先のリハビリにもなってありがたいです。
・自分が作った商品が目の前で売れると「やったー」と思う。
お客様から「上手に作られていますね」と褒めて頂けたときに喜びも倍増。

画像3

青梅市障害者団体連合会

住所
〒198-0014 東京都青梅市大門2-261-1
TEL
0428-30-0152
FAX
0428-30-0153
メール
center_sora@ai.wakwak.com
時間
9:00~18:00  休館日(原則、毎月第3月曜日、年末年始)

ひのき工房

ひのき工房

東京都葛飾区

ショップのおすすめ

みんなの自由な発想とアイデアで、世界に一つだけの「さをり織り」の製作をしています(^^)


わたしたちのモットー

様々な個性や特性を受け入れ、全ての人の生活が豊かになる社会を目指しています。さをり織りは、そんな個性や特性が作品に表れます。心の動きが表現される「自由で」「オンリーワン」の作品を是非お楽しみください。



障がいがある方の直接雇用を目的としたDYJHグループの特例子会社

オフィスビルの清掃と、「たんぽぽの丘」ブランドで手作りバックや小物の制作・販売を行っています。 また、障がいがある方の自立を支援する事業として、民間の特性を活かした、就労支援事業所【あさひ】と共同生活援助事業所【わかば】(グループホーム)を展開する全国でも数少ない特例子会社でもあります。これからも障がいがある方に活躍の場を提供し、ハンデキャップの有無に関わらず、喜びや苦労を分かち合い、"障がい者が隣にいることが当たり前"である社会の実現を目指して行きます。


画像1
画像2

制作時間を要する制織

清掃業務とさをり織りの両方を担当するため、生地の製織時間が充分にとれないこともあり、ひとつの作品を仕上げるのに相当な時間を要することです。



作り手の声

「自分の作ったものがお客様の手に渡り、喜んでもらった時」 「新たな織り柄ができた時や、頭の中で考えたものができた時」 「難しい織り方にチャレンジして、上手にできた時」

画像3

株式会社ビジネスパートナーズ

住所
125-0042 東京都葛飾区金町6-5-8 DY金町ビル5F
TEL
03-3826-5312
FAX
03-3826-5313
メール
tomohiro.sato@dynam.co.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
https://www.dyjh.co.jp/group/businnespartner.html
ひのき工房

ひのき工房

神戸市兵庫区

ショップのおすすめ

ネットワーク神戸のおすすめは紙すき製品です。牛乳パックを再利用して作っています。 普段お使いの紙とはまた違った和紙独特の風合い・温かみ・書き心地やインクの滲みなどをお楽しみください


わたしたちのモットー

事業所は、利用者さんにとっては大切な居場所のひとつです。 小さな社会ですが皆さんが気持ちよく楽しく過ごせるように、笑顔で来て笑顔で帰れる事業所でありたいと毎日利用者さんと職員がともに切磋琢磨し合いながら楽しく活動しています。



様々な仕事に取り組んでいます

兵庫県神戸市兵庫区にある就労継続支援B型の事業所で、主に知的障がい・身体障がい者の方が通所されています。 自主製品作りとして、和紙製品・押し花製品・さをり織り製品を主とし、地元の企業さんからの封入れ作業・進物用の箱作り・真珠のネックレス仕上げ作業・車のパーツ作りなどの作業をしています。 和紙製品は画材としてもお使い頂き、お客様の中には海外で使ってくださる方もいらっしゃいます。


画像1
画像2

苦労の多い和紙づくり

牛乳パックを切って漉(す)いて自然乾燥させた和紙を商品に加工するまで全て手作業の為、約1か月程かかります。 また自然乾燥ですので梅雨の時期は乾きづらく、張り付けた板の灰汁が紙に移ってしまって黄ばんだりと苦労は多いですがお客様の笑顔を見ると苦労した甲斐があります。



お客様からの「ありがとうございました」

利用者さんの個性が反映される自主製作作りなどは、皆さんイキイキと製作されています。 自主製品などがバザー販売会場で並べられ売れた時は皆さん最高の笑顔で「ありがとうございました」と挨拶されています。 企業さんの作業は独特の緊張感があり、完成した時は達成感があります。また利用者さんも一緒に同行し納品を行います。その時の先方様の「ありがとうございました」の労いの言葉に喜ばれています。

画像3

特定非営利活動法人 WA ネットワーク神戸

住所
652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通9-1-5
TEL
078-575-8580
FAX
078-575-8580
メール
wa-netk@etude.ocn.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:30〜16:00
隔週で土 9:30〜16:00

ひのき工房

ひのき工房

静岡県静岡市葵区

ショップのおすすめ

「静岡のお茶です」は、茶の本場静岡で大事に育てられた安心で確かな品質の高級茶葉をふんだんに使用し、「香りスッキリ・味わいしっかり」の飲みやすい緑茶飲料です。
容器は環境に配慮しリサイクルに最も適したアルミ缶を採用しています。このアルミ缶が、味の劣化を防ぎ、遮光性・気密性を保持し、緑茶の美味しさをキープしています。また、アルミ缶は冷却に適しており、冷たさを持続するとともに美味しさも際だちます。
静岡と言えば、「富士山」「お茶」を連想しますが、缶のデザインは、富士山画家太田昭画伯が描いた「大渕からの富士」を使用しています。富士市大渕は、富士山と茶畑のコラボレーションがSNSで話題の特別な場所。「静岡のお茶です」にぴったりのデザインです。


わたしたちのモットー

静岡県社会就労センター協議会は、障がいのある方の「はたらく・くらす」に寄り添い、就労支援並びに就労継続支援事業所の活動活性化に取り組んでいます。 静岡県の目標工賃3万円をすべての施設が達成できること、障がいのある方が地域とともに安心して生活していけることが協議会の希望です。


SELP(社会就労センター)とは、働く意欲がありながら障がい等の理由により一般企業等での就労に困難を抱えている方々に就労支援や生活支援、就職支援等のサービスを提供する事業所の総称です。

SELP(セルプ)は英語のSelf-Help(セルフ・ヘルプ=自助自立)からの造語で、この言葉には「利用者が自立をめざして働くことに挑戦する」という願いが込められています。



工賃向上を応援

静岡県社会就労センター協議会の会員の多くは就労継続支援B 型事業所です。
各事業所で工賃向上のため、食品や雑貨などの授産製品(静岡県では「ふじのくに福産品」という)を製造製作しています。


画像1
画像2

お茶を通して社会参加

「静岡のお茶です」は、JA静岡市のご協力により製造いただいており、静岡県社会就労センター協議会では、販売事業を通じて働く障がい者への理解を地域に大きく広げ、併せて手数料収入で工賃アップをはじめとする支援環境の改善に努めています。


障がいのある方の社会参加や自立支援に役立てられます

この商品は直接製造製作に関わっていない商品ではありますが、注文による配達やイベントでは利用者とともに配達や販売をしています。
事業所によっては利用者が「お茶係」となり、PRをしたり配達をしたりしています。
「静岡のお茶です」の売上は、障がいのある方の社会参加や自立支援に役立てられます。

画像3

一般社団法人静岡県社会就労センター協議会

住所
420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2-1-5
5風来館4階
TEL
054-204-5088
FAX
054-204-5089
メール
bz265865@bz03.plala.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)9:00〜18:00
ホームページ
https://www.shizuoka-selp.or.jp
ひのき工房

ひのき工房

東京都中野区

ショップのおすすめ

日々こつこつと織っている手織りの製品を是非ご覧になって頂きたいです。
推しはコレ!:手織りのマフラー、裂き織のバッグ


わたしたちのモットー

働くことを通じた「自立」「豊かさ」「生きがい」「喜び」の追求
生きがいと喜びを持って地域で生活することを目指しています。



手織り製品などを製作しています

東京都中野区にあります、就労継続支援B型事業所です。様々な障がいを持っている利用者さんが通所し、手織り製品などの自主製品の製作に日々励んでおります。


画像1
画像2

工夫しながらの製品づくり

細かい作業も多いので根気が必要です。
個々に障がいがあって苦手な作業もありますが、工夫しながら出来る範囲で作業を進めています。



お客様の温かい言葉

利用者さんの個性を尊重しながら共に製作をし、出来上がった製品をお客様に褒めて頂いた時が一番励みになります。
***作り手の声****
「難しい技法の織りが出来るようになると嬉しい。」
「販売会でお客さんが買ってくれると嬉しい。」
「織りたいものを考えている時が楽しい。」

画像3

特定非営利活動法人ハッピースマイル

住所
164-0011 東京都中野区中央2-22-10
TEL
03-3366-2940
FAX
03-3366-2945
メール
tobu@ia8.itkeeper.ne.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始・お盆休みを除く平日)9:00〜17:00
ホームページ
http://www.npo-hs.com/
ひのき工房

ひのき工房

東京都葛飾区

ショップのおすすめ

真心を込めて、全て手作りで製造しています。
2014.12に喫茶スペースをリニューアルし、 ブラックをベースとした福祉施設と思えないお洒落なスペースとなっています。
店頭では、 焼き立てパン・焼き菓子・自主生産品を販売しています。地域の方々にもたくさんご利用いただいています。 (コロナウィルスの影響で、現在イートインスペースのご利用はできません)
おすすめは「プチダイヤ」クッキー。周りにザラメをあしらい、食感も楽しめる、とても人気のある商品です。


わたしたちのモットー

「誰でも気軽に入れる、地域に根付くCAFE」
地域の方も気軽に利用できるCAFEを目指しています。



得意分野をいかした製品づくりができる場所

東京都葛飾区にある、就労支援B型・生活介護・地域開放等を行っている複合施設です。主に知的障がいのある方々が、製菓製パン作業、受注作業、自主生産品作り(紙すき製品、さをり織り製品)、清掃等を行っています。地域で行われる販売会へも積極的に出店しています。 得意分野を生かし、一つ一つ丁寧に心を込めて作っています。個性あふれる、世界にひとつだけのデザインをぜひ見つけてみてください。


画像1
画像2

商品完成まで大忙し

製菓・製パンは、納品日時に合わせて仕上げることが大変です。
紙すき製品は、牛乳パックを素材に戻すところから行うため、完成まで時間がかかります。



作り手の声

作業の中で、いろいろな工程があり、新しい工程ができるようになると嬉しい。 自分たちの作ったものが、お客様に買っていただけると嬉しい。

画像3

社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会 高砂福祉館

住所
125-0054 東京都葛飾区高砂5-10-1
TEL
03-5699-6221
FAX
03-5699-6229
メール
takasago@ikuseikai-tky.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜16:00
ホームページ
http://ns2.ikuseikai-tky.or.jp/~iku-takasago/
SNS

blog

facebook

instagram

twitter


ひのき工房

ひのき工房

岡山県久米郡久米南町

ショップのおすすめ

私たちの織物(スパニッシュ織)は、アメリカのニューメキシコ州で16世紀から伝わる伝統的な幾何学模様などを、現地の毛糸と織り方によって作成しています! 平成9年にサンタフェから、コーデリア・コロナド(Codelia Coronado)さんを講師としてお招きして習いました。 それからずっと、作業療法の一環として取り組むことで自己表現を目指しています。 この織物の特徴は羊毛のみを使用し、織機の仕組み自体はさおり織の機と同じですが、常に横糸のみに毛糸を使い、デザインを織りこんでいくスタイルです。 現地の先住民族ナヴァホ(Navajo)族やプエブロ(Pueblo)族などに、スペイン人の入植者が影響を及ぼしたもので、チマヨ(Chimayo)のオルテガ(ORTEGA)なども有名です! J.&H.Clasgensの毛糸を輸入しているので、独特の風合いをお楽しみください!!


わたしたちのモットー

救護施設の基本理念とは、「障がいの種類等を問わず支援を要する者がともに生きる場として、利用者を地域で生活する市民として尊重し、その基本的人権と健康で文化的な生活を保障する。と同時に、利用者の幸福の追求と、その人らしい豊かな生活の実現の支援に最大限努める。」です。 自分らしい作品作りを楽しんでいます。



岡山県のほぼ真ん中に位置する久米南町にある救護施設

何らかの障がいがある方が多い施設で、作業療法や生活訓練を行っています。 私たちはスパニッシュ織のグループです。 まず機織りに慣れることができるように、シーツや古着を細く裂いたもので足マットなどを織っています。 こちらは吸収性抜群のさき織マットとして地元で販売していますが、超人気商品です! それから毛糸を使っての織物へ取り組むようになります。 季節ごとの花苗や、ハウスでバラを育てて切り花として出荷しているグループや、それらをプリザーブドフラワーやドライフラワーに加工、アレンジをしているグループもあります。 いずれこちらでもご紹介できればと思います!


画像1
画像2

必要となるバランス感覚

織機の仕組みはさおり機と同じですが大きく、立ったまま織るのでバランス感覚が必要です。 時々、何を織ろうとしていたのか忘れたりすることもあって、逆にそれが自分らしい作品になるのかもしれません。



作品が売れる喜び

自分らしい作品ができて、地域のイベントなどで売れた時です。 リピーターのお客様もいらっしゃって、とてもうれしいです!

画像3

救護施設 ニュー三楽園

住所
709-3614 岡山県久米郡久米南町下弓削687-1
TEL
086-728-4111
FAX
086-728-4211
メール
newsanspanish@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日、年末年始除く平日)9:00〜10:00
ホームページ
www.newsanrakuen.jp
ひのき工房

ひのき工房

東京都葛飾区

ショップのおすすめ

お煎餅は、国産米100%の生地を使っています!
推しはコレ!:7種類からお好みの味を見つけてみてください☆


わたしたちのモットー

『一人ひとり輝ける場所がある』
一人ひとりにとってホッとできる憩いの場となれるよう、温かく家庭的な雰囲気を大切にしています。また、一人ひとりの持つ個性や出来ることに着目し、力を引き出し、誰もが”主役”になれるような支援を心掛けています。
商品が完成するまでには様々な工程で利用者さんが活躍しています。皆さんが心を込めて、そして自信をもって作っている商品を多くの方にお届けすること、それが私たちの喜びです。



地域社会とのつながりを大切に

東京都葛飾区新小岩にある就労継続支援B型と生活介護の2つのサービスを行っている、主に知的障がい者の方が通われている通所施設です。創作活動や生産活動を中心に、地域社会とのつながりを大切にしながら活動を行っています。 お米の精米や配達、揚げ煎餅の製造販売の他、オリジナル文具や雑貨の制作を行っています。
「ありがとう」の一言から「喜び」や「生きがい」を感じ、そこから生まれる「自信」が、より素敵な作品や商品に繋がっていきます。これから少しずつ、利用者さんの個性溢れる商品を増やしていきたいです!


画像1
画像2

出来上がった時の達成感や喜び

利用者さんの人数が少ないため、一人ひとりが様々なお仕事をしながらも商品づくりに携わっています。一つの作品や商品が完成するまでに時間がかかってしまうものもありますが、その分、出来上がった時の達成感や喜びは一入です。



作り手の声

一度商品を購入していただいたお客様がリピーターとなって下さった時はとても嬉しいです。
Aさん 注文の予約が入ったのを聞いた時が嬉しいです
Bさん 一生懸命作ったお煎餅が売れて「美味しかったよ」と言われた時が嬉しい
Cさん どんな作品を作ろうか調べたり考えている時が楽しい

画像3

社会福祉法人章佑会 やすらぎリバーシティ

住所
124−0024 東京都葛飾区新小岩1−5−2
TEL
03−5678−6170
FAX
03−5678−6171
メール
yasuragi-rivercity@shouyuhkai.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)8:45〜17:00
ホームページ
https://www.yasuragi1977.jp/facilities-disability/rivercity/
SNS

instagram


ひのき工房

ひのき工房

川崎市川崎区

ショップのおすすめ

小物製品を反物の裁断から縫製まで、すべて手作りしています。 一枚一枚心を込めて染めている、世界で一枚しかない型染め製品です。 その他、キルティング製品(コースター・ペンケース・箱ティッシュカバー・トートバッグ等)も取り揃えており、ちょっとした贈り物や景品等にピッタリと喜ばれています。


わたしたちのモットー

地域に向けて「窓を開こう!」をモットーにロゴマークを作製しました。 障がい者が作ったからではなく『良い商品だから』買って欲しい。



『精一杯何かをやってみたい!』を叶える場所

川崎市にある地域活動支援センターです。一般就労は困難だけど、自分たちで『精一杯何かをやってみたい!』と、周囲のバックアップを受けて立ち上げました。主に身体や知的障がいを持ったメンバーが小物製品を製作し、町内会や団体等からの注文、地域のイベント等で出店販売させて頂いています。また悩みや経験談を始め障がい当事者ならではの情報交換ができる交流の場でもあります。毎日仕事の好きなメンバーが和気あいあいと活動しています。


画像1
画像2

皆でひとつの製品を作り上げる達成感

障がい程度が様々なため、障がいに見合った作業を工夫しながら行っています。 作業工程が多いため、ひとつの製品作りに時間がかかりますが、皆でひとつの製品を作り上げる達成感があります。製品の一部は古布を使用したエコ商品のため、広報紙等で提供のお願い(使用済み木綿シーツ・バスタオル等)を呼び掛けていますが、思うように集まらずに困っています。ぜひご協力頂けると助かります。



商品を愛用してくださるお客様の存在

作業中は手を動かしながらの皆さんとの会話も楽しいひとときです。地域のイベント等の販売では、お客様、他事業所の皆さんやボランティアの方々とふれ合える楽しい時間です。リピーターとして足を運んで下さるお客様や、街でウィンドウの商品をお持ちの方を見掛けた時はとても嬉しくなり、やりがいを感じます。

画像3

NPO法人ウィンドウ

住所
〒2100832 川崎市川崎区池上新町2−8ー5 コーポキド1階
TEL
0442773113
FAX
0442773113
メール
mado@cf.mbn.or.jp
時間
月〜金(祝祭日・年末年始除く平日)10:00〜15:00
ホームページ
http://park12.wakwak.com/~tezukuri-window/
ひのき工房

ひのき工房

沖縄県名護市

ショップのおすすめ

手作りの味、シンプルな味 一度食べてみて、やめられませんよ。
推しはコレ:あげ菓子


わたしたちのモットー

「楽しく、働ける場所づくり」 生活介護の方々も就労支援の方々も、スタッフもみんなで冗談を言い合い、和気あいあいと笑いながら、楽しく作業ができる居場所を目指しています。作業や商品づくりを通して、一歩ずつ自立した生活を営めるよう支援しています。



個性と得意なものを活かして

沖縄県北部、海、山(丘)に囲まれた、就労支援B型の施設です。主に、知的、身体に障がいのある方々が雑貨やお菓子作りをして、商品化し、北部の道の駅等で販売しています。それぞれ持っている個性、得意なものを活かして、作業に取り組んでいます。


画像1
画像2

励まし合いながらの作業

今現在、コロナ禍の状態で、商品の売れ行きが鈍化し、それが作業にも影響し、モチベーションが下がるのが大変です。けれど、お互いで励まし合いながら、毎日作業に取り組んでいます。



作り手の声

◯商品の注文がきたときや、バザー等で売れていく時、お客様から「これは、やめられないんだよ。美味しいねー」と販売している時が嬉しいです。
◯ベテラン20年Tさん 注文入った?がんばるよ。
◯Mさん 私が作ったのがまた売れたよ。嬉しいさー。

画像3

特定非営利活動法人 名護市障がい者関係団体協議会 福祉サービス事業所のびるのびる

住所
905-0005 沖縄県名護市為又1220-112
TEL
0980-54-1493
FAX
0980-53-1295
メール
fuzhisabisushiyesuonobiru@gmail.com
時間
月〜金(祝祭日,年末年始除く平日)、土曜日も不定期であり)10:00 〜16:00

このショップの商品一覧